フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 出してみたい手紙(2) (雨の日の風呂の中の鼻歌) 尾形亀之助 | トップページ | 両頭蛇注記補正 »

2008/07/17

俺 尾形亀之助

俺は長い間ちつとも晴ればれしい気もちになつたことがない

 

そうじのされない押入れのすみのように

心はごみやほこりにまみれてゐる

いかによく晴れわたつた朝でも

墓場のように湿け

古新聞のようにふるぼけてゐる

(詩集左翼戦線 大正十二年版 大正13(1924)年6月発行)

この前年7月、亀之助は村山知義・柳瀬正夢・門脇普郎・大浦周蔵・ワルワーラ・ブブノワ(ロシア人女流画家)という錚々たる面々と共に未来派の集団「マヴォ MAVO」を結成している。「MAVO」とは川路柳虹「現代日本の美術界14」(大正14(1925)年5月発行『中央美術』)によれば『マヴォ(MAVO)といふ名は会員の頭文字を描きとつて作つた偶然の名前である差于だが……Vの字があるのは露西亜人ヴヴノヴァが加はつたためださうである』(正津勉「小説尾形亀之助」より孫引き)とする。しかし、この虚無感は何だ。正津はそれを、まさにこの錚々たる才人たちの中にあって早くも自己の画才を見限っていたのではないかとするのだが……実際、思潮社版全集の年譜によれば既にこの大正13年1月の欄には『マヴォと疎遠になり、絵画活動を休止。』とあるのだが……やはり正津によれば、画家としての彼の、現存する油彩は大正12(1923)年作「化粧」(宮城県近代美術館に寄託)たった一枚しかないという――

« 出してみたい手紙(2) (雨の日の風呂の中の鼻歌) 尾形亀之助 | トップページ | 両頭蛇注記補正 »