フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« フリードリヒ「朝の田園風景(孤独な木)」 | トップページ | 暫 »

2008/07/24

フリードリヒ「海辺の月の出」

「海辺の月の出」“Mondaufgang am Meer”(部分)

Mam  

 

 

1822年 カンヴァス 油彩 55×71㎝

全図(英語版ウィキペディア画像)

昨日の「朝の田園風景(孤独な木)」との対幅である。「朝日美術館」の大原まゆみ氏の解説によれば、先の「朝の田園風景(孤独な木)」は、手前から奥にかけてフリードリヒが常套的に示すところの「時」の経過の描写が見られ、朝から昼への推移を示すとする(山裾の白煙がそれであるとする)。確かに、中景の池塘の畔に差し込む日差しとホリゾントの山塊を包んでいる気配は早朝のそれではない。それにしても、これを対幅とするには、如何にも本作は縮尺が違い過ぎる気がする。少なくともは、これを「朝の田園風景(孤独な木)」と並べて僕の部屋に飾りたいとは思わないということだ。大原氏は更に『現世的労働と宗教的瞑想の対比』、『異教とキリスト教』を見、『休らう羊飼いの素朴に対する』、岩礁の上の『「古ドイツ風」服装の、つまり都市に住む同時代の青年と娘たち』=『さまよう都会人』の思いが対峙しているとするのだ。フリードリヒはこの時42歳である。その彼が、『都市に住む同時代の青年と娘たち』に敢えて『「古ドイツ風」服装』をさせ、月光を見入らせる精神の彷徨をさせたことの意図は何であったのか? という問いかけを大原氏は、逆に我々に投げかけている。確かに彼らの背中は何かを期待し、待っているように見受けられる。同書の評論「フリードリヒ、時代の表現者」で大原氏はその種明かしをしてみせる。『ウィーン体制下のこの抑圧された時期、多くの画家が、敢えて政治的ととられるような態度を表明することなく、小市民的片隅の小さな幸福を見つめたり、人畜無害の夢の世界に遊ぶことを選んだのに対し、フリードリヒの作品の一部には、反体制派の学生たちの目印となった「古ドイツ風」の衣装をまとい、髪を伸ばした若者たちの姿が添景人物として登場するようになった。彼らが「デマゴーク」とみなされ得ることを画家は承知の上で描いたのである。』――言われて、僕の写真をよく見ると、確かに彼は長髪だ!――

――メランコリーの画家フリードリヒは、実は同時にどっこい反骨のプエル・エテルヌス(永遠の少年は常に反逆者である)であったことを忘れてはならない。――

« フリードリヒ「朝の田園風景(孤独な木)」 | トップページ | 暫 »