フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 氷國絶佳氷河篇 Vatnajökull ヴァトナヨークトル氷河/Jökulsárlónヨークルスアゥルロゥン氷河湖 | トップページ | 氷國絶佳瀧篇 其肆 Dettifoss デティフォス »

2008/08/20

氷國絶佳中休暇 其壱 温泉二種 Blue Lagoon/Mývatn Nature Baths 附 秘密の暴露

Img_0693

Blue Lagoon

 

     

知る人ぞ知るレイキャビク郊外の高級感のある露天温泉。草津の千人風呂位の大きさか。右手奥の人が群れているところ以外は、かなり、ぬるい。  中央部の水深は結構深い。白濁なので底が見えず、注意しないと足を擦りむく。かなり塩分濃度が高く、髪はバリバリになるのを覚悟。岩窟状のウェット・ミストなサウナがいい。しかし、山登りと同なじで、旅の終わりに温泉は、やっぱ、「エエわ!」

Hosei Mývatn Nature Baths

 

 

ミーバトン湖の近くの露天温泉。ユーラシアのツアー予定には入っておらず、ガイドのゲルタGerðaさんが提案して、添乗員の小黒さんが希望者だけを連れて行ってくれた。僕はバスタオル一丁で銭湯気分で出かけた。アイルランド北部版ブルーラグーンで同様にぬるいのだが、夜行ったせいか、人も少なく静かで、底の足場もブルーラグーンに比すと悪くない。何より、高台にあって見下ろす景観もよい。二つを並べるたら、僕はこっちの方を、断然、お薦めする。

僕は温泉評論家か? いいや! そんな「生温い!」もんじゃあ、なかったんだ! では、ここで意を決して(?)今回の旅行の僕の最大の秘密をここに暴露しようではないか!――

――出立の前々日に職場の定期健康診断を受けて、バリウムを飲んだ。下剤をまとめて二錠飲んだものの、その後、はまっちまった仕事に没頭する余りトイレに行かなかった。みるみるバリウムがしっかり固まった。翌日とんでもなく痛いことになったのだ! 旅行中も座薬と軟膏が手放せない(笑い事ではない。アイスランドでは外国人の医療費は恐ろしく高いのだ)。如何にしてもいっかな効かぬ。これを「藁にもすがる思い」というのだが――Mývatn Nature Bathsに入った――翌朝――これが――「痛くない!」のだ!――そうしてその二日後の、Blue Lagoon!――翌日――TVの、あの効かなかった有名な座剤軟膏のCMのように――嘘のようにすっきりくっきり青空のように晴れ晴れとなって僕は恙無く帰日したのであった。今もあの頃が嘘のようなのだ……曰氷國温泉其癒痔疾神妙哉! 

« 氷國絶佳氷河篇 Vatnajökull ヴァトナヨークトル氷河/Jökulsárlónヨークルスアゥルロゥン氷河湖 | トップページ | 氷國絶佳瀧篇 其肆 Dettifoss デティフォス »