フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ブログ120000アクセス記念 堀辰雄 聖家族 限定初版本バーチャル復刻版 | トップページ | 題のない詩 尾形亀之助 »

2008/08/08

ツルゲーネフ「猟人日記」より中山省三郎訳「狼(ビリューク)」

Иван Сергеевич Тургенев“Бирюк”ツルゲーネフ作・中山省三郎訳「狼(ビリューク)」(「猟人日記」より)を正字正仮名で「心朽窩 新館」に公開した。

明日よりアイスランド共和国――ヴェルヌの「地底旅行」の旅に出かける、その留別に。

この作品は1977年に旧ソヴィエト、ウクライナ映画の新鋭監督ロマン・バラヤンにより映画化されている(75分。残念ながら僕は未見)。1987年の「ソビエト映画の全貌’87」(パンフレット)によれば、映画では原作にない結末が用意されている。『そんなある日、森番は猟をしていた貴族の流れ弾にあたってあえなく死んだ……。倒れた森番に貴族は目もくれなかった。』――これをご覧になったこの方のブログによると、これが公開された1981年のパンフレットでは『映画評論家の佐藤忠男氏が「権力の番犬は死ななければならない!」と喜んでい』るとある――年代を考慮しても、佐藤よ! 違うだろ!……

さてもまた、僕はこの、

“Бирюк”――“Biryk”――「ビリューク」

という語の響きが好きで好きでたまらないんだ――昨日も、早大スポーツ科学の小論文を添削しながら、消化器検査台でぐるぐる回されながら、バリウムが腹の中でこてこてに固まるのを意識しつつテクストを作りながら、夕方の電車の中で、トイレの中で、酔ってブラウザに向かいながら――「ビリューク! ビリューク! ビリューク!」と唇を尖らせて独りごちていたのだ――赤塚不二夫の霊でもついたかな?……

« ブログ120000アクセス記念 堀辰雄 聖家族 限定初版本バーチャル復刻版 | トップページ | 題のない詩 尾形亀之助 »