フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 氷國絶佳地篇 其壱 gjá ギャオ そして Althingi アルシング | トップページ | 氷國絶佳中休暇 其壱 温泉二種 Blue Lagoon/Mývatn Nature Baths 附 秘密の暴露 »

2008/08/20

氷國絶佳氷河篇 Vatnajökull ヴァトナヨークトル氷河/Jökulsárlónヨークルスアゥルロゥン氷河湖

Vatnajökullヴァトナヨークトル氷河

Img_0440Img_0443

 

 

 

アイスランド南東に位置するヨーロッパ最大の氷河で、全面積約8300平方キロメートル、国土の8%に及ぶ(日本の四国の半分程)。 これは何と欧州全土の氷河を合計した面積より広い。その下には活発な火山帯が七つも隠れており、Grímsvötnグリームスヴォトン火山は定期的に噴火を繰り返すことで有名。添乗員の小黒さんは、何とこの旅行の最大の心配は、そろそろ時期が来ているこの火山噴火の噴火だったと旅の終わりに告白、なんと、壮大な素敵な心配だろう!

噴火と言えば、このグリームスヴォトン火山の脇にあるLakiラキ火山の話は凄い。1783年にグリームスヴォトンと一緒になって噴火したが、これによってアイスランドの全人口の1/3(約12000人)が命を落とし、羊約80%、牛50%、馬50%が、放出された八百万トンのフッ素化合物によって歯のフッ素症及び骨のフッ素症によって死亡した。更に放出された一億二千万トンの二酸化硫黄は、西ヨーロッパ全域を覆い、異常気象を齎して、それは数年に及んだ。その結果生じた貧困と飢饉が1789年のフランス革命の大きな原因の一つとされる。更に、成層圏まで舞い上がったラキ山の粉塵は止めどを知らない。気づいて頂きたい。1783年は天明3年、1782年~1788年は天明2年~8年、そう、あの近世史上最悪最大の大飢饉もラキ山の影響が大きく疑われているのである。アイスランド―フランス革命―天明の大飢饉――「風が吹けば桶屋が……」どころじゃ、ない!

Jökulsárlónヨークルスアゥルロゥン氷河湖

Img_0462

Img_0463

 

 

 

ヴァトナヨークトル氷河の南、Breiðamerkurjökullブレイザメルクヴァトナヨークトル氷河の先端が崩れ落ちて氷山や流氷となって浮かぶノダ。でも、理科の先生やフロイト先生が意識と無意識の比喩で言っていたように水面には1/10しか出ていないノダ。

Img_0467

Img_0465

Img_0461

 

 

  

水陸両用車によるこのクルーズはちょっとやそっとじゃ、味わえないノダ(水陸両用車というから僕は実は旧ソ連軍の確かべジュズフォートと言ったか、ごっついSFに出てきそうな装甲車を想像していたノダが、これが漁船の下に車のタイヤがついてる如何にも素朴なものだったノダ)。

Img_0468

Img_0464

 

 

 

「どですかでん」の頭師佳孝風に「やれやれ、しゃーねーな! 日本くんだりからやってきたんじゃ、よ」って感じで、アザラシ君が、最後にちょこっと頭を見せてくれたノダ(残念ながら妻のこれらのファインダーの中には入らざるなりなノダ)。

« 氷國絶佳地篇 其壱 gjá ギャオ そして Althingi アルシング | トップページ | 氷國絶佳中休暇 其壱 温泉二種 Blue Lagoon/Mývatn Nature Baths 附 秘密の暴露 »