フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 寺島良安 和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類 櫻苔(サクラノリ/マツノリ) | トップページ | 鷓鴣 イワン・ツルゲーネフ »

2008/10/04

13000アクセス記念テクスト ツルゲーネフ作・中山省三郎訳「クラシーワヤ・メーチャのカシヤン」(「猟人日記」より)

ブログ130000アクセス記念として、Иван Сергеевич Тургенев“Касьян с Красивой мечи”ツルゲーネフ作・中山省三郎訳「クラシーワヤ・カーチャのカシヤン」(「猟人日記」より)を正字正仮名で「心朽窩 新館」に公開した。

この作品は近づいてくる野辺の送りの悲泣の声々、そして焼き切れる車軸の臭いに始まって、佯狂の聖者カシアンと主人公が辿りながら語る、あのマグリットの「署名された白紙」のような不思議な感覚の中での森の匂いが、僕には確かに分かるのだ、その立ち込める森の「気」が――そうして無垢なるアンヌゥシカの若々しい素肌の匂いが、その笑顔とともに流れて来る、採れたての何とも言いようのないあの茸の香りと一緒に。エンディングは夕暮れの大気の匂い、そして再びしかし今度は生木の焼けた軸の独特の臭いで閉じられるのである――

カシヤンは「あかい花」の生を賭して世界を守った主人公であり、はたまたゴーリキーの「どん底」の巡礼ルカであり、そうしてまた、フェリーニの「道」のリチャード・ベースハート扮する『キ印』にも、黒澤の「デルス:ウザーラ」のデルスにもなり、遂にはタルコフスキイの「ストーカー」の主人公に、「ノスタルジア」のドメニコに、最後に「サクリファイス」のアレクサンデルにも蘇ったのである――

それは永遠に再生し我等を救うための奇蹟の精神、ロシア生まれのイエス・キリストである――このロシアの深奥な森、それに負けぬロシアの人々の心の、その精神の底知れぬ神秘的な奥深さを、僕は驚懼の内にも、感じずにはいられないのである――

彼を誰に演じさせるか? これを演じ切れる役者を僕はたった一人しか知らない。アレクセイ・パターロフ監督によるゴーゴリの「外套」で主人公パシュマーチンを、タルコフスキイの「アンドレイ・ルブリョフ」で重要な役どころの旅芸人を演じたРолан Быков(Rolan Bykov ロラン・ブイコフ)その人以外には僕は考えられない(1998年に既に亡くなっていることを上記サイトで知った。心より哀悼の意を表したい。このページが文字化けする場合はエンコードでキリル言語(Windows)を選択されたい)――いや、彼で「クラシーワヤ・メーチャのカシヤン」を撮ったら……と考えた時、僕には確かにその1シーン、1シーンのロランの演技が表情が、既に撮られたもののように「見える」のである――

« 寺島良安 和漢三才圖會 卷第九十七 水草類 藻類 苔類 櫻苔(サクラノリ/マツノリ) | トップページ | 鷓鴣 イワン・ツルゲーネフ »