フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 尾形亀之助句集(附 尾形蕪雨一句・尾形余十五句) | トップページ | ガラモン »

2008/10/19

誰と議論をすべきか イワン・ツルゲーネフ

   誰と議論をすべきか

――君よりも賢い人と議論するがよい。彼は君に打ち克つであらう……しかし君の打撃そのものから君は自分自身の利益を收めることができる。
――智慧の同等の人と議論するがよい。いづれに勝利があらうとも、――君は少くとも鬪ひの愉しさを經驗するであらう。
――智慧の劣つた人と議論するがよい。勝利を望まずに議論をするがよい、しかも君は彼にとつて有益な人間となることができる。
――馬鹿ものとすらも議論をするがよい! 榮譽も利益も得はしないであらう、……けれど時折は氣晴しもよいではないか。
――ただウラヂミル・スターソフとだけは議論をせぬがよい。
   一九七八年六月

この詩は、実は、“SENILIA”には所収されず、後年の未発表分を公刊した“Nouveaux poémes en Prose”にも載らない。中山氏の解説によれば、“SENILIA”の発表を正直なところ心待ちにしていたツルゲーネフが、本作発表の責任者であった雑誌『ヨーロッパ報知』の編集者スタシュレーウィッチへの1882年10月14日附の手紙で、『「もちろん發表するためにではなくお笑ひ草」として』送ったものである。この一篇は同年12月、『ヨーロッパ報知』に発表された「散文詩」には含まれていなかった。しかし、この詩は、後年、その詩の中に読み込まれた『有名な音樂美術の批評家で、ツルゲーネフと交渉の深かつたスターソフ(一八二四-一九〇六)自身によつて發表された』のであった。

なかなか、いいじゃないか、心ある友どちの名を「ウラヂミル・スターソフ」のところに入れるがよい――そのような友どちのいない僕には少し寂しいけれど――

« 尾形亀之助句集(附 尾形蕪雨一句・尾形余十五句) | トップページ | ガラモン »