フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蟲 イワン・ツルゲーネフ | トップページ | 施物 イワン・ツルゲーネフ »

2008/11/14

馬鹿者 イワン・ツルゲーネフ

 馬鹿者

 馬鹿者があつた。

 永い間、彼は何不足なく暮らしてゐた。ところが、追々、彼の耳に、自分が到るところで馬鹿者だといふ評判の立つてゐることが傳はつて來はじめた。

 馬鹿者は、どぎまぎして、どうしたらこの面白くない噂を絶やしてしまへるだらうかと思案し出した。

 遂に彼の鈍い頭腦(あたま)に、ふとした思ひつきが浮んだ……。そこで躊躇せずに、早速それを實行して見た。

 街で一人の知合が彼に出逢つて、さる有名な畫家を賞めてかかつた……。「冗談ぢやない!」と馬鹿者は叫んだ、「その畫家(えかき)はもう疾うにすたりものになつてるんだ……。君はそれを知らんのかい? まさか、君がさうだとは思はなかつたよ……、君は時勢おくれな人間だな。」

 知合はびつくりして、直ぐに馬鹿者に同意してしまつた。

 「今日は僕はとてもすばらしい本を讀んだよ!」と別の知合が彼にいつた。

 「冗談ぢやない、」と馬鹿者は叫んだ、「君はそれで、よく恥かしくないねえ。あの本はなんの役にも立たないもんだよ。誰も彼ももう投げちやつたもんなんだ、君はそれを知らんのかい? 君は時勢おくれだなあ。」

 この知合も驚いて――馬鹿者に同意してしまつた。

 「僕の友達の□□は何て素晴らしい人間なんだらう、」と三人目の知合が馬鹿者にいつた、「いや實際、氣品のある男だよ!」

 「馬鹿な!」と馬鹿者は叫んだ、「あの□□は有名な破廉恥漢だよ。あいつは、親類といふ親類から捲き上げたんだ。それを知らん者は一人だつてないんだ。君は、時勢おくれだね!」

 三番目の知合もまた驚いて、馬鹿者に同意して、その友達から離れてしまつた。

かうして馬鹿者の前で、誰であらうと何事であらうと賞めた場合には、悉く例のやうに應酬するのであつた。おまけに時によると罵倒して、かう附け加へるのだつた、「ぢやあ、君はまだ權威といふものを信じてるのかい?」

 「たちの惡い奴だ! 苦々しい奴だ!」と彼の知合たちは、馬鹿者のことを語るやうになつた、「しかし何ていふ頭腦だらう!」

 「それに何ていふ口巧者(くちがうしや)だらう!」と他(ほか)の者は附け加へるのであつた、「さうだ、たしかに天才だ!」

 しまひには、或る大雜誌の發行者が彼に批評欄を引き受けてくれと申し出た。

やがて、馬鹿者は、例の態度、例の表白を少しも變へないで、あらゆること、あらゆる人を批評するやうになつた。

 今や、嘗ては權威に對して抗辯した彼が、自ら權威となつたのである……。青年たちは彼を崇拜し、彼を畏れてゐる。

 哀れな青年たちには、さうすること以外に、何をすることができるであらう? 抑々人は何人をも崇拜してはならぬものである……しかし、この場合には、若し崇拜しないとなれば、時勢おくれになつてしまふのだ!

 臆病者の間には馬鹿者がのさばつてゐるのである。

一八七八年四月

■訳者中山省三郎氏による「註」

・或る大雜誌:嘗ての刊本には「或る新聞」となつてゐた。これは或る種の人々や「祖國時報」など左翼の雜誌の文藝批評論に對する當こすりが目立つものとして、校正の時に置きかへられた文字が永い間その儘に放置せられてゐたのである。而も發表の頃、既に物議を釀した。

□やぶちゃん注

◎本詩を理解する一助になろうかと思われる事蹟を、サイト「ロシア文学」「ツルゲーネフの伝記」から引用する。本詩の十年程前の『67年には小説「煙」を発表、ロシアにおける全てのスラヴ主義者と、あらゆる保守的な宗教思想を攻撃した。ロシアの多くの人々は、彼がヨーロッパに身売りし祖国との接触を失ったとして非難し、同年彼を訪れたドストエフスキーも、彼を母国の中傷家として攻撃し』た。また本詩の書かれた前年、1877年には『7年間の準備の末に成った小説「処女地」が発表された。これはツルゲーネフの最長の作品であり、数多い世代研究の1つである。今度は70年代のナロードニキ運動が扱われ、父親たちの無益な饒舌と空虚な理想主義に飽いた若い彼らが行動を決意するのである。』(改行)『この作品はヨーロッパではベストセラーになったものの、ロシアでは全ての派から断罪された。この不評に起因する落胆と厭世的気分は、78年に執筆した「セニリア」(のち「散文詩」(Стихотворение в прозе, 1882)の題名が付けられた)という小編に反映している。』。本詩が正にそうした詩の一篇であることは疑いない。

◎□□:原文は“N. N.”である。ロシア語で匿名氏、何某を示すのか? しかし、そもそもキリル文字には“N”はない。識者の御教授を乞う。なお、中山氏にしては珍しく、次の「馬鹿者」の台詞の中で用いられている原文の“—N. N. —”の前後のダッシュは省略されている。

« 蟲 イワン・ツルゲーネフ | トップページ | 施物 イワン・ツルゲーネフ »