フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 老人 イワン・ツルゲーネフ | トップページ |  「いかばかり美はしく、鮮やかなりしか、薔薇の花は……」 イワン・ツルゲーネフ »

2008/11/07

マケイン上院議員敗北宣言またはクリムゾン・タイド

昨夜、当日付朝日新聞の堀内隆記者名義のコラム「アメリカ08大統領選観選記」を読んで、思わず「ほう!」と声を挙げた(ちなみにネットで記事を漁ることの多い昨今、新聞はここ数ヶ月読んでいない)。

マケイン上院議員の敗北最終演説は地元アリゾナ州フェニックスの高級リゾート・ホテルで行われた。オバマ氏への電話による祝福をしたと言えばブーイングの嵐、支援者にオバマ氏への協力を呼びかけた下りでは、記者の傍にいた白人の女性が「嫌よ、そんなの」と吐き捨てるように言ったという。その際、会場で嫌悪の情を示した聴衆のほとんどは白人であったことを記者は見逃さない。『初のアフリカ系大統領が生まれても、なお人種の溝の深さ』を彼は思う。いや、「生まれても」ではない。生まれたからこそアメリカはこれから本当の人種の溝の深刻さを全国民が初めて覚悟を持って自覚せねばならなくなったと言うべきである。

――しかし、僕が「ほう!」と思ったのは、とりあえずそれでは、ない。

僕がオバマ陣営なら、即座にこの敗北宣言のコーディネートをしたプロデューサーを引き抜き、報道広報担当に起用したい。そうして、その退場の選曲という一見何でもないような一時に、僕は真意に自由の国アメリカを感じるのである――

記事の最後にこうある。

敗北演説を終えたマケイン氏が演題から去る時、かかった曲は何とあの映画「クリムゾン・タイド」の主題曲であった。

映画を見ていない人には、僕のニヤリとした「ほう!」は分からない。昨日の朝日の記事を読むよりは、映画を見ることをまずはお薦めしよう。

« 老人 イワン・ツルゲーネフ | トップページ |  「いかばかり美はしく、鮮やかなりしか、薔薇の花は……」 イワン・ツルゲーネフ »