フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 確かなこと | トップページ | 蟲 イワン・ツルゲーネフ »

2008/11/11

瑠璃色の國 イワン・ツルゲーネフ

 瑠璃色の國

 ああ、瑠璃色の國よ! 瑠璃色と光明と、青春と幸福の國よ! 私はおまへを夢に見た。
 私たちは幾人(いくたり)か、美しい飾りをつけた小舟に乘つてゐた。風にたのしく翻(ひるがへ)る旒(はた)のもとに、白帆は白鳥の胸のやうにふくらんでゐた。
 仲間が誰であるかは知らない。けれど、彼らが私たちと同じやうに、若い、快活な、惠まれた人たちだとは心の底から感じられた!
 それにしても、私は彼らには眼もくれなかつた。ただあたりの金の鱗の漣につつまれた涯(はて)知れぬ瑠璃色の海を眺めるだけであつた。頭上(うへ)にはまたきはまりない瑠璃色の海があつて、その間を誇りかに、笑つてゐるかのやうに、優しい太陽がめぐつてゐた。
 私たちの間には時折、神々の笑ひのやうに、よく透る、喜ばしげな笑ひ聲が起つてゐた!
 やがて急に、誰かの口から話聲が、不思議な美しさと感激の力にあふれた歌ごゑがわき起つた……。天(そら)も應へてひびき合ひ、……周りの海も心を寄せてふるへたかのやうに思はれた……。しかしまた、そこには泰(やす)らかな靜寂がかへつて來た。
 柔らかな波に輕く浮びながら私たちの早舟(はやぶね)は走つて行つた。舟は風に進んで行くのではなく、私たち自身の遊びたはむれる心に導かれてゆくのであつた。舟は私たちの思ふ方へと、まるで生きてでもゐるかのやうに從順(すなほ)に走つて行く。
 私たちは島々にやつて來た。青玉や緑柱石など、寶石の光りかがやく半透明の、不思議な島々であつた。周囲の海邊からは、心を軒醉はすやうな馨(かぐ)はしいにほひがおしよせて來る。或る島は薔薇や鈴蘭の雨を私たちにふりかけ、また或る島々からは不意に虹彩(にじいろ)の長い翼の鳥が舞ひあがつた。
 鳥のむれは私たちのうへを飛びめぐり、鈴蘭や薔薇の花は、滑らかな舷を滑る眞珠のやうな泡抹(あわ)の中に解けて行つた。
 花の芬香(にほひ)や鳥の歌聲とともに、蜜のやうに甘い、甘い調べが聞えて來た……。中には女の聲も聞える、……あたりのものは、何もかも――空も海も、高くゆらぐ帆も、艫(とも)のあたりにざわめき立つ水の流れも――すべてが戀を語り、めぐまれた戀を語つてゐた。
 私たち誰もが戀してゐた女(ひと)も――その女(ひと)もまた、其處に……眼には見えず、間近にゐたのだ。いまひと時――いまひと時すれば、彼女の眼は輝き、彼女の頰は花のやうに微笑にかがやくことであらう……。彼女の手はお前の手をとり、お前はとこしへに花咲き誇る天國へと導いて行くことであらう!
 ああ、瑠璃色の國よ、私はおまへを夢に見た。
   一八七八年六月

[やぶちゃん注:「滑らかな舷を滑る」は「滑らかな舷(ふなばた)を滑る」と読みたい。]

« 確かなこと | トップページ | 蟲 イワン・ツルゲーネフ »