フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 航海 イワン・ツルゲーネフ | トップページ | 留れ! イワン・ツルゲーネフ »

2008/11/01

迎春失題 尾形亀之助

 今日も、昼前のうす陽のさす軒先にちらちら雪が降り初め、冷えた昼の飯は塩鮭の匂ひがする。箸からなのか、それとも冷えてたよりなくなつた飯に、どこかで焼いてゐる塩鮭の匂ひが来てつくのであるか。つゝましく座つて、茶をかけて口に流しこめば、茶にうるけた飯はいくど目かの茶をかけても茶わんの底には残る。ただ寒いばかりの冬。ほんに来年は俺にはどんな年なのであるか。天罰といふものがあり、暦に嘘があつて、気づかずに自分が幾年も同じ年月をくりかへしてゐるのであれば、俺は面白がつてわれとわが身に抱きつくこともしよう。
 低い陽は早くから暮れ、街の上の雲はそのまゝ動かずに消える。そして、どうして又俺は火鉢のそばにばかり寄りたがるのか。隣家の明るく電燈のつく窓は、黄色や赤や紫色の恥しいやうな模様の着物を着た人達がラヂオや蓄音機にあはせて立つたり歩いたりしてゐるやうな、壁なども綿のやうなもので出来てゐて、鶴のやうな鳥などが三々五々人達の間に交つてゐるのではあるまいか、とふとそんな風に思ひ、そしてなぜ隣家はにぎやかなのかと不思議になるのだ。やがて、俺は鼻緒のゆるんだ下駄を履き、寒むい手をふところに入れて、風に吹かれて街へ出て、熱いそばにむせつて涙をにじませながら食ひ、食つてしまへばあとは帰るばかりなのだから又来た路をひきかへすのだが、暗いなと思ひながら家に入り、それでもいくぶん安心した気持になつて床に入れば、何時の間にかは眠つてしまふのだ。

(新詩論第二冊 昭和8年2月発行)

**

『ほんに来年は俺にはどんな年なのであるか。天罰といふものがあり、暦に嘘があつて、気づかずに自分が幾年も同じ年月をくりかへしてゐるのであれば、俺は面白がつてわれとわが身に抱きつくこともしよう。』

言ヒ得テ妙ト謂フ言葉ガ在ルトスレバ――ソレハコノコトダ――

僕ハ僕ヲ――僕獨リヲ――抱キシメル――全テノ安息ノ代ハリニ……

« 航海 イワン・ツルゲーネフ | トップページ | 留れ! イワン・ツルゲーネフ »