フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 冬日 尾形亀之助 | トップページ | 初秋 尾形亀之助 »

2008/11/30

託卵する鳥の

ゲノムに書き込まれた「その託卵」の命令はどんな歴史をドライヴし、そうしてどんなものなのだろう? 自分より大きな自分とは似ても似つかない「子」に餌をやり続けるアオジの映像をさっき見て、ふと、思った――

数年前に自分たちが騙されていることに気づいたウグイスが卵殻の色と色彩を変えつつあるのではないかという鳥類学者の見解を思い出したが、騙されていること/騙していることとは、そもそも何だろうと再び、ふと思った――

我々という生物体個体はDNAのヴィークルだという説は日に日に定説化してゆく勢いだが、種の保存という伝家の宝刀で、果たしてこの託卵は説明できるのだろうかと、またしても、ふと、思ったのだ――

自分の子であり、自分の分身であり、そうした愛情対象・代償行為対象であり、ところがそれに殺される親も子もあり、そうした「社会的」とでも「病的」とでも言う生物を生物学は説明出来るのだろうかと、ふと、最後に蛇足ながら思うのであった――

現在【11月30日10:42】アクセス数、140944。一週間たたないうちの1000アクセスを越える勢い。130000アクセス以来、有意の増加、皆さんの御関心に感謝します。これからも、自身のオリジアリティを更にシェイプ・アップする所存にて、御期待を裏切らぬこと、お約束します。

« 冬日 尾形亀之助 | トップページ | 初秋 尾形亀之助 »