フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 確かなこと | トップページ | 蟲 イワン・ツルゲーネフ »

2008/11/11

ユー・ぺー・ヴレーフスカヤを偲びて イワン・ツルゲーネフ

 ユー・ぺー・ヴレーフスカヤを偲びて

 荒癈に歸したブルガリヤの小村(こむら)。急に野戰病院にされた朽ちはてた納屋の檐の下、惡臭を放つ濕つた藁のうへに、三週間餘りといふもの、彼女は窒扶斯で死にかかつてゐた。

 彼女は意識不明であつた。一人の醫師も彼女を見舞ひはしなかつた。まだ彼女が立ちまはりのできる間に、看護してやつた病兵たちが、こはれた土瓶の破片(かけら)に入れた水のいく滴(しづく)かを乾いた彼女の脣(くち)にすすめようとして、毒氣の染みついた臥所(ふしど)から代る代る起き上るのであつた。

 彼女は若く、美しかつた。上流社會に知られて、貴顯紳士にすらも喧傳されてゐた。婦人(をんな)たちは彼女をそねみ、男子(をとこ)たちは媚び諂つてゐた……二三人のものは、ひそかに深く彼女を戀してゐた。人生(このよ)は彼女に微笑みかけてゐた、けれど涙よりも惨めな微笑があるのである。

 優しい、素直な心、……このやうな心、このやうな犠牲心! 助けを必要とするものを助けること、……彼女はこれ以外に幸福といふものを知らなかつた、知りもしなかつたし、味はひもしなかつたのである。あらゆるその他(ほか)の幸福は彼女の前を素通りして行つた。しかも疾くから、かうしたことに馴れ從ひ、かき消すことのできない信仰の熱に燃えて、隣人のために身を獻げたのであつた。

 いかなる祕寶が、彼女の胸深く、彼女の奥底(おくそこ)に藏(かく)されてあつたか、誰一人として絶えて知るものがなかつた。今も、もとより誰一人知るものはないであらう。

 さて、それが何になるであらう? 犠牲(いけにへ)は獻げられ、……事業(しごと)は完うされたのやある。

 とはいへ、彼女の死骸(なきがら)にさへも誰一人、感謝の言葉を捧げなかつたことを思へば、傷ましい思ひがする。彼女自身はあらゆる感謝の言葉に恥ぢらひもし、斥けてゐたのではあつたが。

 希はくは、私が敢へて墓の上に置くおくればせの花をば、うるはしき幽魂(たましひ)の咎めざらむことを!

一八七八年九月

■訳者中山省三郎氏による「註」

・ユー・ぺー・ヴレーフスカヤを偲びて:最初の原稿にも發表の際にも「ユー・ぺー・ヴェを偲びて」とあつただけであるが、後にヴレーフスカヤの名が明らかにされた。男爵未亡人ユリヤ・ペトローヴナ・ヴレーフスカヤ(一八四一-七八)はツルゲーネフとは昵懇の間柄であつた。ツルゲーネフの郷里スパッスコエを訪れたり、互ひに文學を語つたりするほどであつた。一八七七年の夏露土戰爭に際して、彼女は特志看護婦として、戰地に赴き、翌七八年一月(舊露月)にブルガリヤで病死した。

□やぶちゃん注

◎ユー・ぺー・ヴレーフスカヤ:綴りはЮлия Петровна Вревская。なお、この背景である中山氏が言及する「露土戰爭」は、まさにそのブルガリア戦線を舞台にした私の電子テクストであるガルシンの「四日間」に詳しいので、是非、お読み頂きたい。

◎檐:「のき」と読む。

◎窒扶斯:「チフス」又は「チブス」と読む。

◎諂つてゐた:「諂(へつら)つてゐた」と読む。

« 確かなこと | トップページ | 蟲 イワン・ツルゲーネフ »