フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 漫筆御免 尾形亀之助 | トップページ | 牛乳屋の煙突と風呂屋の煙突 尾形亀之助 »

2008/12/29

芥川龍之介 骨董羹―壽陵余子の假名のもとに筆を執れる戲文―

お待たせした。芥川龍之介「骨董羹―壽陵余子の假名のもとに筆を執れる戲文―」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開した。

本テクストを2008年最後の本格的テクストの最後の公開とする。年の掉尾としては、悪くないパンチのきいたテクストと「附やぶちゃん注」であると思う。とりあえず第一ラウンドとして勝負しましょう、かかってきなさい!

なお、先に予告してある本テクストを基にした

「芥川龍之介「骨董羹―寿陵余子の仮名のもとに筆を執れる戯文―」に基づくやぶちゃんという仮名のもとに勝手自在に現代語に翻案した「骨董羹(中華風ごった煮)―寿陵余子という仮名のもと筆を執った戯れごと―」という無謀不遜な試み」

という――僕の好きな、そうして近代文学史上最長の題名の一つとされる、かのPeter Weissペーター・ヴァイスの戯曲“Die Verfolgung und Ermordung Jean Paul Marats dargestellt durch die Schauspielgruppe des Hospizes zu Charenton unter Anleitung des Herrn de Sade”「サド侯爵の指導のもとにシャラントン精神病院の演劇グループによって演じられたジャン・ポール・マラーの迫害と暗殺」よりも――長い題名のテクストについては、ほぼ全景を整えてはいるものの(実際に訳を残しているのは「罪と罰」の項の野口寧斎謫天情僊の漢詩三首のみ)、あるスキル・アップの思惑があって、2月上旬の公開を予定している。

では、今年もお付き合いありがとう。

また、来年も、よろしかったら、お待ちしている――この、玄室で――

« 漫筆御免 尾形亀之助 | トップページ | 牛乳屋の煙突と風呂屋の煙突 尾形亀之助 »