フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 雨降る夜 尾形亀之助 | トップページ | パソコン死すとも小人閑居せずして不善を成す 《★父の書斎からのブログ》 »

2008/12/20

尾形亀之助拾遺詩全篇ブログ掲載終了《★父の書斎からのブログ》

    雨降る夜

一日降りとほしの夜だ

火鉢の粉炭のイルミネーシヨンが美しくともつてゐる

(〈亜〉26号 大正15(1926)年12月発行)

***

    月夜の電車

私が電車を待つ間
プラツトホームで三日月を見てゐると
急にすべり込んで来た電車は
月から帰りの客を降して行つた

(銅鑼9号 大正15(1926)年12月発行)

***

    羽子板

 黒足袋の男の子が新しい下駄をはいて女の子と追ひ羽子をしてゐる。

(〈亜〉27号 昭和2(1927)年1月発行)

***

    ガラス窓の部屋

夢を見てゐるやうあな一日だ

朝から部屋に陽がさしこんでゐた
雲もないし風の音も聞かなかつた
茫つとして夕方になつた

夕方になつて
私は部屋の中に魚を泳がしてみたくなつてしまつた
一日中しめきつてゐた埃ぽいガラス窓の外は
くるくる落日が大きいたんぽぽを咲かせてゐる

(詩神第三巻第一号 昭和2(1927)年1月発行)

***

    花 (仮題)

電灯が花になる空想は
一生私から消えないだらう

(近代風景一月号 昭和2(1927)年1月発行

***

    曇天の停車場

停車場のホームに
赤い帽子の駅長さんが
ちやんと歩いてゐる

天気が悪いから
今日は汽車の速力を五哩ぐらひにして
旅客にゆつくり窓の景色を見てもらはふと
駅長サンは考へてゐる

(近代風景一月号 昭和2(1927)年1月発行)

[やぶちゃん注:「五哩(マイル)」と読む。一マイルは約1.6㎞で、ここは時速であろうから、大変な鈍足である。]

***

    夜は凍える

近所の家や路や立樹やトタン屋根を
風呂敷に包んで枕もとに置いてゐる

枕に耳をあてゝゐる

今夜
夜啼きの雞と犬の吠え声が暗やみの地べたに凍りついて
外は一面の原となつてゐやう

(太平洋詩人第二巻第二号 昭和2(1927)年2月発行)

***

    風

庭へ来てぴいーぴい笛をならしてゐる人は
今日は来てゐない

冬陽がガラス戸に溜まつて
霜どけの庭は庇の下だけが白く乾いてゐる

(太平洋詩人第二巻第二号 昭和2(1927)年2月発行)

***

    平らな街

風は旗をひるがへしてゐる
砂利の乾いた路は遠くでまがつてゐる

私は門に立つて
犬のそばを通つて行く友人の後姿を見送つた

(太平洋詩人第二巻第二号 昭和2(1927)年2月発行)

***

    寝床と冬

寒むがりが
蒲団から顔と指を出して煙草をのんでゐる

ならんで寝てゐて
だまつて見てゐると
いつまでもしーーんとしてゐる

私も煙草に火を点けた

(銅鑼10号 昭和2(1927)年2月発行)

***

    落日

ぽつねんとテーブルにもたれて煙草をのんでゐると
客はごく静かにそつと帰つてしまつて
私はさよならもしなかつたやうな気がする

部屋のすみに菊の黄色が浮んでゐる

粛々となごりををしむ落日が眼に溜つてまぶしい

(銅鑼10号 昭和2(1927)年2月発行)

***

    暗がりの中

    Ⅰ

僕の部屋の天井に鼠が一匹住んでゐる

昼は
僕も彼女も寝てゐる

    Ⅱ

夜は電燈の花を咲かせ
部屋は気球のやうに暗やみの中に浮いてゐる

彼女は何処からか新聞紙をひきずつて天井に帰つて来る

彼女の寝床はカサカサと鳴る
さびしければ
僕はさびしくなつてくる
僕は毛布に膝をつゝんで座つてゐる

    ×


彼女が台所へ来るのを僕は知つてゐる

彼女は正月になつて餅を天井裏へ運んだ

    Ⅲ

夜あけに寝床に入ると
もう彼女も寝床に入つてゐるのであらう
耳をすましても彼女は音をたてない

電燈を消すと
障子が白らんで静かに朝が来てゐる

(詩壇消息第四号第一巻 昭和2(1927)年4月発行)

***

以上をもって、思潮社版「尾形亀之助全集」所収の拾遺詩全篇を本ブログに掲載終了した。

これが僕に出来る今年最後の皆さんへのプレゼントである。

よいお年を。

« 雨降る夜 尾形亀之助 | トップページ | パソコン死すとも小人閑居せずして不善を成す 《★父の書斎からのブログ》 »