フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 尾形亀之助拾遺詩全篇ブログ掲載終了《★父の書斎からのブログ》 | トップページ | パソコン奇蹟の復活記念「尾形龜之助拾遺詩集 附やぶちゃん注」 »

2008/12/21

パソコン死すとも小人閑居せずして不善を成す 《★父の書斎からのブログ》

パソコン死すとも小人は死せず、小人閑居せずして不善を大いに成しておる――さても今、僕が画策している無謀な芥川龍之介のテクストの一端を御紹介しておく。
彼の若き日(満28歳)の作品に三回に亙って雑誌に連載した「骨董羹」というアフォリズム風のものがある(ネット上には新字旧仮名のテクストが散見される)。例えばその一篇(僕の作成済の正字正仮名テクストから。底本は岩波版旧全集を用いている)。

       輕薄

 元の李衎、文湖州の竹を見る數十幅、悉意に滿たず。東坡山谷等の評を讀むも亦思ふらく、その交親に私するならんと。偶友人王子慶と遇ひ、話次文湖州の竹に及ぶ。子慶曰、君未眞蹟を見ざるのみ。府史の藏本甚眞、明日借り來つて示すべしと。翌日即之を見れば、風枝抹疎として塞煙を拂ひ、露葉蕭索として清霜を帶ぶ、恰も渭川淇水の間に坐するが如し。衎感歎措く能はず。大いに聞見の寡陋を恥ぢたりと云ふ。衎の如きは未恕すべし。かの寫眞版のセザンヌを見て色彩のヴアリユルを喋々するが如き、論者の輕薄唾棄するに足へたりと云ふべし。戒めずんばあるべからず。(一月二十三日)

底本はご覧の通り、ルビなしである。如何であろう。あなたにはこの擬古文、すんなり読めて意味が取れるであろうか? そこで、だ――

     軽薄

 元代の李衎(りかん)は、竹画の名手として知られた北宋の文湖州の手になるという竹の絵を数十幅観てみたが、正直言って、どれもこれも、その悉くが満足出来るものではなかった。蘇東坡や黄山谷といった文人の、湖州を激賞する文章を読んでみても、かえって、『これは彼らが李と親しく交際していたことによるエコ贔屓であろう』ぐらいにしか思っていなかったのであった。さて、たまたま友人の王子慶と逢い、話が文湖州の竹に及んだ。子慶が言うには、「それは、君がいまだ文湖州の真蹟を見ていないからに過ぎぬ。私の知人の府史の所蔵にかかる一本は正真正銘の湖州、明日私が彼から借りてきて貴君にお見せすることと致そう。」と。翌日、果してこれを観たところ――、風に揺れる疎らな竹の枝は、遠く望む山上の砦から立ち上る狼煙を拭うかの如くくっきりと鋭く、露に濡れそぼった寂寞たる竹の葉は、更に清々しい霜の気も帯びてしっとりとし、あたかも見ている自分が、竹の名所として知られる甘粛省渭川(いせん)と、そこから遠く離れた河南省の、「詩経」国風にも詠まれた、かの美しい名川淇水(きすい)との間の、別乾坤に座っているかのようであった――。衎は感嘆せずにはおられなかった。同時に自身の見聞の如何に狭隘(きょうあい)であったかを知って大いに恥じ入ったということである。衎のような人間はまだ許し得る存在である。近年、あの光の魔術師と呼ばれたセザンヌの絵の、粗悪なモノクロームの写真版を見て、そのヴァルール――色彩の微妙な度合いや調和を云々するかのような、無知蒙昧の評論家の唾棄すべき軽佻浮薄さに比べれば、遥かにましであると言うべきである。その噴飯たること、ここで戒めずにおくわけには、とてもいかない。(一月二十三日)
[やぶちゃん補注:「府史」の「府」は中国の行政区画の一。唐代から清代まで続いた。「史」は記録を司る役人の謂いであるから、ここは府の役所の書記官。
 「ヴァルール」はフランス語“valeur”で、色価と訳される。色の明度や色相互の関係を言う美術用語。前近代にあっては、専ら色の明暗度の違いによってパースペクティヴの違いを引き出すような空間的描出の様態を指して言ったが、印象派セザンヌ以降の近現代絵画では、単純な明度に加えて、色相互の色合いや配置・調和といった画面構成全般に及ぶ評言として用いられる。]

とせば、如何であろう?――
とりあえず既に「骨董羹」(「中華風ごった煮」の謂い)全篇の勝手自在やぶちゃん現代語翻案の素案を何とか成した。題して

芥川龍之介「骨董羹―寿陵余子の仮名のもとに筆を執れる戯文―」に基づく
やぶちゃんという仮名のもとに勝手自在に現代語に翻案した
「骨董羹(中華風ごった煮)―寿陵余子という仮名のもと筆を執った戯れごと―」
という無謀不遜な試み

という。

未だ考察中である。しかしながら、僕にはこの愚劣な拙文を高めるための、秘中の秘がある。今を以てしかない秘中の秘だ……パソコンの回復(昨日奇特な友人が修理のために引き上げて、僕の書斎は明窓浄机である)と同様、気長にお待ち頂けるなら、恩幸これに過ぎたるはない。

« 尾形亀之助拾遺詩全篇ブログ掲載終了《★父の書斎からのブログ》 | トップページ | パソコン奇蹟の復活記念「尾形龜之助拾遺詩集 附やぶちゃん注」 »