フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 牛乳屋の煙突と風呂屋の煙突 尾形亀之助 | トップページ | 白い昼の狐 尾形亀之助 »

2008/12/31

猫――キャット・バロンに捧ぐ

昨日、アリスと散歩をして思い出した今年の夏の不思議なこと――

――夏も終わりの蜩の声(ね)の中、アリスと散歩に行った夕刻のこと。

裏山は造成されて、鎮守の森はすっかりなくなって造成地になってしまい、鬱蒼とした山陰にあった妖しい赤い鳥居と祠も、すっかり新造なったピカピカの日枝神社の小さな敷地の陰に、ちんまりと据えかえられてしまっていた。

アリスは相変わらず食い意地をはらして、不敬にも神社の縁の下に首を突っ込んではフガフガやっていた。

――と、そのお稲荷さんの背後から湧いてきたように薄いグレーのスマートな子猫が所謂キャット・ウォーク然として突如登場してきたのであった(突如というのがこの場合の言い得て妙と言うヤツだ)。

アリスが近寄っても、一向に平気の平左で、逆に肌をこすりつけてきたりしている。なぜてやると僕の足にも纏わりついて来る。雌である。抱いてもいやがらない。痩せてはいるが、野良とも思えぬ美形である。眼は深いブルーである。

初めは尻尾を振っていたアリスも、余りに馴れ馴れしいからか、暫くするとすっかり関心を失って、また一人神社の背後でフガフガやっている。

子猫は無限記号を描くように参道に坐っている僕の両の足を反復して体を擦りつけている――時が止まったような気がした。

日も落ちた。アリスと家に向かいつつも振り返ってみると、子猫は少し間隔を措いて、帰る僕らについてきていた。

それが電信柱の影に隠れては、半身を乗り出してこちらを見ては、ミャアと言い、チュチュと声をかけると、次の電柱まで駆けて来るので、昭和30年代の恋愛ドラマのワン・シーンを見るようであった――

僕は彼女をかえり見つつ、しきりにチュッチュを繰り返した。正直僕はこの時、この猫がこのまま家についてこないかなとさえ思っていたのだ――

――と、そう思った間際、無関心にさっさと先を歩いていたアリスが珍しく立ち止まって――こんなことは滅多にない――さっと振り返ると――これも異例――一声、高く、ワン! と確かに子猫に向かって鳴いたのであった――これも滅多にないことだ。彼女は滅多に吠えないのである――。

猫は始めて吠えられて、電信柱の下にきゅっとしゃがんで、日の経った黄な粉餅のように小さくうずくまってしまった。

夕陽に輝くアリスの眼は心なしか厳しいように見えた。彼女――アリスはきりりと前を向き直ると、僕のリードをずんずん引いて、もういっさんに家路についた。

僕はと言えば後ろ髪を引かれながら帰ったが、それきり、もう猫はついてこなかったのであった。

――それからもう半年になる……

僕はそれから一度として彼女に逢えないでいるのである――

僕は今も、この猫に逢いたくてたまらないのである――

あの電信柱に半身隠した如何にも人めいた妖しい「狐猫」に――

« 牛乳屋の煙突と風呂屋の煙突 尾形亀之助 | トップページ | 白い昼の狐 尾形亀之助 »