フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 雜筆 附やぶちゃん注 | トップページ | 牡蠣の殻 蒲原有明 《2バージョン》 »

2009/01/11

古塔 蒲原有明

  古塔   蒲原有明

惱み吸ふくちづけの

わびしかる音の嘆きと、

膚に染みいる蒼白き影の笛のね。――

その淫けたるながき吐息よ。

かかるをりなり、あな、あな、

わが額のうへに

生温き滴したたる。――

灰色のしづくの痛み。

かくてまた鬱憂の

狹霧の中を、

おぼろげに匂ふ塔のかげ、

魂のかげ滅えぎえにして。

わが額の上、灰色の痛み隙なし。

塔も、今、溺れゆく霧の蒸し香に、

しみじみとおぼゆるは、

露盤の鏽の緑青の古き悲しみ。

  古塔

惱(なや)み吸(す)ふくちづけの

わびしかる音(おと)の嘆(なげ)きと、

膚(はだ)に染み(しみ)いる蒼白(あをじろ)き影(かげ)の笛(ふえ)のね。――

その淫(たは)けたるながき吐息(といき)よ。

かかるをりなり、あな、あな、

わが額(ぬか)のうへに

生(なま)温(ぬる)き滴(しづく)したたる。――

灰色(はいいろ)のしづくの痛(いた)み。

かくてまた鬱憂(うついう)の

狹(さ)霧(ぎり)の中(なか)を、

おぼろげに匂ふ塔(たふ)のかげ、

魂(たましひ)のかげ滅(き)えぎえにして。

わが額の上、灰色の痛み隙(ひま)なし。

塔も、今(いま)、溺(おぼ)れゆく霧の蒸(む)し香(が)に、

しみじみとおぼゆるは、

露盤(ろばん)の鏽(さび)の緑青(ろくじやう)の古き悲しみ。

今日、久しぶりにネット・サーフィンをしてみたら、有明の詩は、ネット上でまとまったテクスト化がなされていないことに気づいた。何ともやるせない気になったので、少し打ってみようかなと思ったのだが……彼の詩はルビなしには読めない。そこでルビ付きを試みて見たものの、ココログのHTML編集システムではどうやっても上手くいかないことが分かったので、とりあえずルビ排除版を前に置き、後ろに底本通りのルビ版を配してみた。

底本は1928年岩波書店刊の岩波文庫版「有明詩抄」を用いたが、これは概ね二段組で、相当に無理な版組がなされているために、句読点や記号が狹苦しそうに配されているため、一部を僕の判断で補正した。

う~ん、これは結構面倒だぞ。でも、また、ぼちぼちやるか……

« 芥川龍之介 雜筆 附やぶちゃん注 | トップページ | 牡蠣の殻 蒲原有明 《2バージョン》 »