フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« アラン酒(短篇) 尾形亀之助 | トップページ | 「努力」するカツオ »

2009/02/08

硝子戸に虻がとまつてゐた 尾形亀之助

    ×

 春のま昼に軟らかい風が吹いて、街では旗をたてゝ楽隊が通つてゐた。
 春になつてりぼんをかけずに歩いてゐるやうな者は一人もゐなかつた。

    ×

 楽隊はさかんにラッパを吹きならした。
 笑ひ薬をのまされた娘は足のうらがかゆくなつた。そして楽隊が心ぼそいほど低く聞えたり。踊つてゐてふらふら眠りかけたりした。
 娘は惰いほど花の匂ひや蜜のやうな甘さにとざされた。しつとりねばみをふくんだ空気は沼のやうにそこによどんだ。娘の鼻のさきや耳たぶにもいろいろと花が咲き初めた。

    ×

 夢のやうに春の日がながい。
 昔の恋人は笑つて帰つて来た。そして、娘のやうに走りまはつた。
 虹も出てゐたし、見たこともないやうなお菓子もあつた。

    ×

 ゆらゆら煙草の煙が指に纏はりついてのぼつてゐた。
 娘らは街を歩くのをうれしがつた。
 雲雀は何か美しい衣裳をつけて空高く飛んだ。

    ×

 花火は絶えまなくあげられて、まるい空が花簪をさしたやうになつた。
 いろいろに仕組まれた花火の中には長い尾をひらひらなびかせてそのまゝ天へ昇つてしまふのもあつた。

    ×

 硝子にとまつてゐる虻はときどき羽ばたいた。硝子戸から庭が透いて見えてゐる。
 虻は僕の顔を見ない。縁側の下だけが土が白く乾いてゐる。

(文芸レビュー第一巻第三号 昭和4(1929)年5月発行)

[やぶちゃん注:第二連三段落目の「惰いほど」は「惰(けうと)いほど」又は「惰(だる)いほど」と訓じているか。「ねばみ」は「粘味」である。]

« アラン酒(短篇) 尾形亀之助 | トップページ | 「努力」するカツオ »