フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ハマった南方先生 | トップページ | 小幡宗左衛門 定より出てふたゝび世に交はりし事 附やぶちゃん訳注 »

2009/03/17

南方熊楠 奇異の神罰 附やぶちゃん強力注

南方熊楠「奇異の神罰」を強力な注を附して「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開した。今回の注は半端じゃない。但し、内容が内容だけに自己責任でお読み戴きたい、とここでも再度、断っておく。

それにしても――僕は上代が苦手なのだが、何だか訳しているうちに、やっぱり上代はよく言われるように、直くたくましく、あっけらかんとしていいもんだなあ、と思うようになった(今更、遅すぎるが)――

それにしても――今朝は3時半に目覚めてしまった。若い頃は低血圧(今も血圧は低いが)と二日酔(これも変わらぬが)で、如何にも寝覚めが悪かったのに。早起きに如何にも「老い」を感じるのである(さりながら、昔から『若くありたい』とは一度も思ったことはないのだが)――

それにしても――厳密に言えば『若くありたい』とは思わなかったものの、歳相応に見られたいとは思ったものだ。何せ、二十歳になる前に、知人に連れられて行った青山の高級バーで、ホステスに34、5と呼ばれて以来、44の時に担任した教え子たちと飲んで、先生はもう54、5になられますか、と言われるまで、無敵の老態を誇って来た。この「54、5事件」で一念発起し、歳相応に見られたい症候群を発症した結果、最も容易な方途として、今に至るまで、髪を染め続けている。実際にはもうかなり白い。幸い、髪は多過ぎるほどあるので、どうも最近は歳不相応攻撃は受けなくなった(何のことはない、魂の現存在年齢と実年齢と肉体の実年齢が漸く一致し出したに過ぎないのであるが)――

« ハマった南方先生 | トップページ | 小幡宗左衛門 定より出てふたゝび世に交はりし事 附やぶちゃん訳注 »