フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 魂の窓―永遠の電流体―不可見―詩の病気―肉体の悩気…… | トップページ | ――だ―― »

2009/03/27

無門關 二十二 迦葉刹竿

  二十二 迦葉刹竿

迦葉、因阿難問云、世尊傳金襴袈裟外、別傳何物。葉喚云、阿難。難、應諾。葉云、倒却門前刹竿著。

無門曰、若向者裏下得一轉語親切、便見靈山一會儼然未散。其或未然、毘婆尸佛、早留心、直至而今不得妙。

頌曰

問處何如答處親
幾人於此眼生筋
兄呼弟應揚家醜
不屬陰陽別是春

淵藪野狐禪師書き下し文:

  二十二 迦葉(かせふ)の刹竿(せつかん)

 迦葉、因みに阿難、問ふて云く、
「世尊、金襴の袈裟を傳ふるの外、別に何物をか傳ふや。」と。
葉、喚びて云く、
「阿難。」
難、應諾す。
葉、云ふ。
「門前の刹竿、倒却著(たうきやくぢやく)せよ。」

無門曰く、
「若し者裏(しやり)に向ひて一轉語を下し得て親切ならば、便ち、靈山一會、儼然(げんぜん)として未だ散せざるを見ん。其れ、或ひは未だ然らずんば、毘婆尸佛(びばしぶつ)、早く心を留むるも、直(た)だ、而-今(いま)に至るまで妙を得ず。」と。

頌に曰く、

問處(もんしよ)は答處(たつしよ)に親しきに何如
幾人か此に於いて眼に筋を生ず
兄(けい)呼べば弟(てい)應じて家醜を揚ぐ
陰陽に屬せず別に是れ春

淵藪野狐禪師訳:

  二十二 迦葉の旗竿

 迦葉は、機縁の中で、阿難に問われた。

「御釈迦様は金襴の袈裟以外、他に何をあなた様にお伝え下すったのですか?」

すると迦葉は、

「阿難。」

と、お声をかけられた。阿難は、すかさず

「はい。」

と答えた。

迦葉尊者は言う。

「門前にある説法の旗竿、あれはもう、降ろしておくれ。」

 無門、商量して言う。
「もしも二人のこの話、この理(ことわり)に、ざっくりと、迷悟一転言い得て妙の、一句ものして美事ならば、一期一会の霊鷲(りょうしゅう)山、かの有り難き釈迦説法、その肉声も朗々と、未だお開きの気配なし。――されどそれ、片言双句の一言(ひとこと)も、吐くに及ばず候へば、釈迦に先立つ過去七仏、その第一の毘婆尸佛、その遙か昔の大昔、とっくのとうに心定め、ずうーっと修行をなされしが、ただただ只今に至るまで、一度もピンとくることなし、という体たらく。」

 次いで囃して歌う。

問題と解答。この二つには、実は本来、二分法は使えぬぞ。されば、それはどのようなものか?
無数の挑戦者が、この地点で眼球を筋肉に変性させて苦悩した事実がある。
――因みに、ここで先達迦葉が「阿難。」と呼んだこと、それに弟子阿難が「はい。」と答えたこと、これらは確かに禅家にとって美事に醜陋な恥そのものである。――
されば、他愛ない物化に過ぎぬ陰と陽、その相対認識から脱却したところに、この世界とは全く別個の『永遠に春である世界』が、確かに存在するのである。

×  ×  ×

これよりアルツハイマーに心筋梗塞を抱えた義母の見舞のため、名古屋へと参ればこそ、暫く、御機嫌よう。

« 魂の窓―永遠の電流体―不可見―詩の病気―肉体の悩気…… | トップページ | ――だ―― »