フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 無門關 二十 大力量人 | トップページ | 又 狂歌 »

2009/04/15

無門關 四十 趯倒淨瓶

  四十 趯倒淨瓶

潙山和尚、始在百丈會中充典座。百丈、將選大潙主人。 乃請同首座對衆下語、出格者可往。百丈遂拈淨瓶、置地上設問云、不得喚作淨瓶、汝喚作甚麼。首座乃云、不可喚作木※1也。百丈却問於山。山乃趯倒淨瓶而去。百丈笑云、第一座輸却山子也。因命之開爲山。[やぶちゃん字注:「※1」=「木」+「突」。]

無門曰、潙山一期之勇、爭奈跳百丈圈圚不出。撿點將來、便重不便輕。何故。※2。脱得盤頭、擔起鐵枷。[やぶちゃん字注:「※2」=(上)「漸」+(下)「耳」。]

頌曰、

颺下笊籬并木杓
當陽一突絶周遮
百丈重關欄不住
脚尖趯出佛如麻

淵藪野狐禪師書き下し文:

  四十 淨瓶を趯倒(てきたう)す

 潙山(ゐさん)和尚、始め百丈の會中(ゑちう)に在りて典座(てんぞ)に充(あ)たれり。
 百丈、將に大潙の主人を選(えら)まんとす。乃ち請じて首座(しゆそ)と同じく衆に對して下語(あぎよ)せしめ、
「出格の者、往くべし。」
と。
 百丈、遂に淨瓶(じんびん)を拈じて、地上に置きて、問ひを設けて云く、
「喚(よ)びて淨瓶と作(な)すことを得ず、汝、喚んで甚麼(なん)と作す。」
と。
 首座、乃ち云く、
「喚んで木※1(ぼくとつ)と作すべからずや。」
と。
 百丈、却りて山に問ふ。
 山、乃ち淨瓶を趯倒して去る。
 百丈、笑ひて云く、
「第一座(ぞ)、山子(さんす)に輸却(ゆきやく)せらる。」
と。
 因りて之に命じて開山と爲す。[やぶちゃん字注:「※1」=「木」+「突」。]

 無門曰く、
「潙山一期の勇、爭-奈(いかん)せん、百丈の圈圚(けんき)を跳り出でざることを。撿點(けんてん)し將(も)ち來らば、重きに便りして輕きを便りせず。何故ぞ。※2(にい)。盤頭(ばんづ)を脱得して、鐵枷(てつか)を擔起す。」
と。[やぶちゃん字注:「※2」=(上)「漸」+(下)「耳」。]

 頌して曰く、

笊籬(さうり)并びに木杓(もくしやく)を颺下(やうげ)して
當陽(たうやう)の一突 周遮(しうしや)を絶す
百丈の重關も欄(さへぎ)り住(とど)めず
脚尖(きやくせん) 趯出(てきしゆつ)して 佛(ほとけ) 麻(あさ)のごとし

淵藪野狐禪師訳:

  四十 浄瓶(じんびん)を蹴飛ばす

 今の潙山霊祐和尚は、若き日、百丈懐海(えかい)和尚の道場に在って、典座(てんぞ:厨房係。)を作務(さむ)としていた。
 ある日、百丈和尚は、自分の後継者となる、次の大潙山総本山の総住持を選ぼうとした。 そこで、高い地位に当る首座(しゅそ)の者だけでなく、道場の会衆すべてを呼び集めて、一言、言った。
「力量の抜きん出た者は、推挙する。」
 すると百丈和尚は、やおら懐(ふところ)から浄瓶(じんびん:禅僧必携の手を清めるために清浄な水を入れた携帯瓶。)をつまみ出すと、地べたに、とん、と置き、会衆に問いかけをした。
「これを『浄瓶(じんびん)』と呼んではならぬ。さあ、お前は、何と呼ぶか?」
 首座にあった一人が即座に応える。
「まさか木っ端切れと呼ぶわけにもいきますまいの。」
 百丈和尚は、さっと典座であった端に居た霊祐に向き直ると、
「作麼生(そもさん)、お前は!?」
と問うた。
 すると霊祐は黙ったまま、ぱっと立ち上がると、その浄瓶を、ぽんと蹴飛ばして、さっさと会堂から出て行ってしまった。
 百丈和尚は大笑して、言った。
「首座よ、お前は潙山のガキに負かされた。」
 こうして百丈懐海は、霊祐に命じて大潙山総本山総住持潙山としたのであった。[やぶちゃん字注:「※1」=「木」+「突」。]

 無門、商量して言う。
「潙山、一期の大芝居、打ってはみたが、惜しいかな、百丈敷の檻の中(うち)、そこから一歩も跳び出せず。よーく見てみな、この潙山、先(せん)から住持になりたくて、炊事の仕事は興味なし――
 ♪どうして潙山は~~♪
 ♪檻の中にぃ~居るのか~♪
 ♪な~んでか♪
 ♪な~んでか♪
 それはね――自分から厨(くりや)の楽な鉢巻外して、重くて痛い鉄の輪を、自分の頭に嵌めちゃって――
 ♪潙山はぁ~百丈に~♪
 鉄輪(かなわ)なかったのね――」

 次いで囃して言う。

浄瓶(じんびん) 尿瓶(しびん) 何でもよし 典座(てんぞ)だったら 笊(ざる) 杓文字(しゃもじ) どんなもんでも 蹴り放ち
正面からの一突きで 下らぬゴタクも吹き飛ばせ!
音に聞えた百丈の 厳しい関所があったとて 遮ったりは出来やせん!
頼みとす 貴い仏の御(おん)足も 麻(あさ)の如くに ふらふらと 心もとない ものとなり――後はさて お前一人が 仏様!

« 無門關 二十 大力量人 | トップページ | 又 狂歌 »