フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 無門關 安晩跋 + 第四十九則語(安晩作) | トップページ | 無門關 二 百丈野狐 »

2009/04/19

無門關 二十七 不是心佛

  二十七 不是心佛

南泉和尚、因僧問云、還有不與人説底法麼。泉云、有。僧云、如何是不與人説底法。泉云、不是心、不是佛、不是物。

無門曰、南泉被者一問、直得揣盡家私、郎當不少。

頌曰

叮嚀損君徳
無言眞有功
任從滄海變
終不爲君通

淵藪野狐禪師書き下し文:

  二十七 是れ、心、佛にあらず

 南泉和尚、因みに僧、問ふて云く、
「還りて人の與(ため)に説かざる底(てい)の法、有りや。」
と。
 泉云く、
「有り。」
と。僧云く、
「如何なるか是れ、人の與に説かざる底の法。」
と。
 泉云く、
「不是心(ふぜしん)、不是佛(ふぜぶつ)、不是物(ふぜもつ)。」
と。

 無門曰く、
「南泉、者(こ)の一問を被(かうむ)りて、直(ぢき)に家私(かし)を揣盡(しじん)し、郎當(らうたう)少なからざるを得んとは。」
と。

 頌して曰く、

叮嚀(ていねい) 君徳を損す
無言 眞(まこと)に功有り
任-從(たと)ひ滄海變ずるも
終(つひ)に君が爲には通ぜず

淵藪野狐禪師訳:

  二十七 心は仏ではない

 南泉和尚は、ある時、機縁の中である僧に問われた。
「今まで、誰一人として説いたことがない仏法というものがありますか。」
 南泉和尚は答える。
「ある。」
そこで、僧は更に訊ねた。
「それ、『誰一人として説いたことがない仏法』とは、何か?!」
 南泉和尚が言う。
「心でなく、仏でなく、一切衆生でないもの。」

 無門、商量して言う。
「南泉とあろうお方が何故に、奇体な問いをふっかけられ、一家の大事な財産を、すっかり根こそぎ抛り出し、あっという間に、へとへとの、如何にも惨めな体たらく。馬祖の法灯、趙州が師、聞いてあきれた、不甲斐(ふがい)ない南泉普願(ふがん)たぁ、よく言った!」

 次いで囃して言う。

懇切丁寧 有り難迷惑
無言黙々 沈黙は金  
滄海変じて桑田となるも
決してあんたにや語るまい

[淵藪野狐禪師注:第三十則・第三十三則・第三十四則をも参照。]

★  ★  ★

直ぐ上の注に記した三則は未だ未掲載であるが、既に訳注を終了しており、順次公開してゆくので、お待ちあれ。

« 無門關 安晩跋 + 第四十九則語(安晩作) | トップページ | 無門關 二 百丈野狐 »