フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 無門關 十八 洞山三斤 | トップページ | 片山廣子短歌抄 《やぶちゃん蒐集補注版》 14首追加 »

2009/04/01

無門關 三 倶胝竪指

  三 倶胝竪指

倶胝和尚、凡有詰問、唯擧一指。後有童子。因外人問、和尚説何法要。童子亦竪指頭。胝聞遂以刃斷其指。童子、負痛號哭而去。胝復召之。 童子廻首。 胝却竪起指。童子忽然領悟。
胝將順世、謂衆曰、吾得天龍一指頭禪、一生受用不盡。言訖示滅。

無門曰、倶胝并童子悟處、不在指頭上。若向者裏見得、天龍同倶胝并童子與自己一串穿却。

頌曰

倶胝鈍置老天龍
利刃單提勘小童
巨靈擡手無多子
分破華山千万重

淵藪野狐禪師書き下し文:

  三 倶胝(ぐてい)、指を竪(た)つ

 倶胝和尚、凡そ詰問有らば、唯一指を擧ぐ。
 後、童子有り。因みに外人(がいにん)問ふ、
「和尚、何の法要をか説く。」と。
童子も亦、指頭を竪つ。
 胝、聞きて遂に刃(やいば)を以て其の指を斷つ。童子、痛みを負(お)ひ號哭して去る。胝、復た之を召す。 童子、首(かうべ)を廻らす。 胝、却りて指を竪起(じゆき)す。童子、忽然(こつねん)と領悟す。
 胝、將に順世(じゆんせ)せんとするに、衆に謂ひて曰く、
「吾天龍一指頭の禪を得るも、一生、受用して盡きざる。」と。
言ひ訖(をは)りて滅を示す。

 無門曰く、
「倶胝并びに童子の悟處(ごしよ)、指頭上に在らず。若し者裏(しやり)に向ひて見得せば、天龍、同じく倶胝、并びに童子、自己と一串(いつせん)に穿却(せんきやく)せん。」と。

 頌して曰く、

倶胝 鈍置す老天龍
利刃 單提して小童を勘す
巨靈 手を擡(もた)ぐるに多子無し
分破す 華山の千万重(ばんちやう)

淵藪野狐禪師訳:

  三 倶胝、指を立てる

 倶胝和尚は、何かを問われた時、だいたいは、ただ人差し指を一本突き立てるのみであった。
 ある時、和尚に仕えている童子が、機縁の中で、寺にやってきた客に問われた。
「お前の和尚は、お前にどうやって仏法を説いているんじゃ?」
そこで、童子も和尚同様、人差し指をピンと突き立てた。
 倶胝は、それを聞きつけると、童子を呼び寄せるや、即座に刃(やいば)を抜くとその人差し指をスッパリと切り落としてしまった。童子は、その余りの痛さにを泣き喚いて逃げ去ろうとした。その時、倶胝は、再び童子に声をかけた。―― 呼ばれた童子が、振り返る。―― 倶胝は、また人差し指をツン! と突き立てる。――その瞬間、童子は、忽ちの内に悟ったのであった。
 さて、倶胝は、遷化せんとするその間際、寂滅を拝まんと集まってきた大衆に向かって説かれた。
「我は師天龍和尚から一指頭の禅を得たのだったが、やれやれ、一生かかっても、その有り難く授かったイッポン指を使い切ることは遂に出来なんだわい。」
そう言い終わるや、美事に示寂されたのであった。

 無門、商量して言う。
「倶胝と童子、二人の悟り、イッポン指の『上』には無いぞ。もしも二人のこの話、この理(ことわり)をスッパリと、刃(やいば)如く切り去って、それでズイッと先まで見れりゃ、天龍―→倶胝―→この童子、三兄弟と諸共に―→お前もグッサリ! 団子四兄弟! 一串じゃ!」

 次いで囃して歌う。

愚劣卑劣な倶胝さま 老いぼれ特養天龍を テッテ的に虚仮(こけ)して
切れ味するどい小刀で がんぜない子を脅かす
ナウシカの庵野もビックリ! 巨霊神  
峨々たる華山も 真っ二つ!

« 無門關 十八 洞山三斤 | トップページ | 片山廣子短歌抄 《やぶちゃん蒐集補注版》 14首追加 »