フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 珍しく一首 | トップページ | たまには »

2009/04/05

無門關 二十六 二僧卷簾

  二十六 二僧卷簾

清涼大法眼、因僧齋前上參。 眼以手指簾。時有二僧、同去卷簾。眼曰、一得一失。

無門曰、且道、是誰得誰失。若向者裏著得一隻眼、便知清涼國師敗闕處。然雖如是、切忌向得失裏商量。

頌曰

卷起明明徹太空
太空猶未合吾宗
爭似從空都放下
綿綿密密不通風

淵藪野狐禪師書き下し文:

  二十六 二僧、簾(すだれ)を卷く

 清涼大法眼(しやうりやうだいはふげん)、因みに、齋前に、僧、上參す。 眼(げん)、手を以て簾を指す。時に二僧有り、同じく去つて簾を卷く。眼曰く、
「一得、一失。」

 無門曰く、
「且らく道(い)へ、是れ誰(たれ)か得、誰か失。若し者裏(しやり)に向ひて一隻眼(いつせきげん)を著(つ)け得ば、便ち清涼國師敗闕(はいけつ)の處を知らん。是くのごとく然ると雖ども、切に忌(い)む、得失裏(とくしつり)に向ひて商量せんことを。」
と。

 頌して曰く、

卷起(けんき)すれば 明明として太空に徹す
太空すら 猶ほ未だ吾が宗(しゆう)に合はざるがごとし
爭(いかい)でか似る 空より都(すべ)て放下して
綿綿密密 風を通さざらんには

淵藪野狐禪師訳:

  二十六 二人の僧、簾(すだれ)を卷き上ぐ

 清涼院大法眼の話である。
 機縁があって、弟子の僧らが斎(とき:午前中に済ます昼食。仏家にあっては本来、午後は食事を摂らない。)の前の参禅にやってきた。大法眼は、黙ってその手で簾を指さした。その時、二人の僧が、揃って座を立ち、同じようにそれぞれ簾を卷き上げた。すると大法眼は言った。
「一人はよい。一人はまるで駄目じゃ。」
と。

 無門、商量して言う。
「さあ、言え! 『誰』がよくて、『誰』が駄目か! もしもかような事態に向いて、さてもたった一つの眼(まなこ)もて、真理(まこと)を見抜いて美事ならば、お前にゃ瞬時に分かるじゃろ! このおぞましき、はったりの、極地に居ます清涼院、大法眼の文益の、大智蔵だか大導だか、騙り国師の糞坊主、その徹頭徹尾の完敗が!――いや――このようであるにしたとて、お前らは、重々避けねばならぬのじゃ! 何を? じゃと?――『よい』とか『駄目』とか分かったような、認識・分析・統合・止揚……ええぃ、儂(わし)のこの、くだくだしいも程にせいちゅう、こげな商量の如きもんじゃが!」
と。

 次いで囃して歌う。

巻き上げて 見上げりゃ 遙かな 青い空
その天空の 更なる彼方に 禅の空
青い空など 見放して 誠の空(くう)にあれぞかし
風も通らぬ部屋こそが 我等がいます空(くう)の空(そら)

★  ★  ★

この無門の「頌」はGeorge Whitingの“My Blue Heaven”の盗作である。そうして、この「頌」を美事に歌えるのは、エノケンをおいてほかには、ない。

My Blue Heaven

When whippoorwills call and evening is nigh,
I hurry to my Blue Heaven.
A turn to the right, a little white light,
Will lead me to my Blue Heaven.

   I'll see a smiling face, a fireplace, a cosy room,
   A little nest that nestles where the roses bloom;
   Just Molly and me, and baby makes three,
   We're happy in my Blue Heaven.

夕暮れに仰ぎ見る 輝く青空
日暮れて辿(たど)るは わが家の細道

 せまいながらも 楽しい我家
 愛の灯影(ほかげ)の さすところ
 恋しい家こそ 私の青空

因み云ふ、作曲Walter Donaldson、訳詞堀内敬三なり。

« 珍しく一首 | トップページ | たまには »