フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 無門關 二十九 非風非幡 | トップページ | 珍しく一首 »

2009/04/05

無門關 四十六 竿頭進歩

  四十六 竿頭進歩

石霜和尚云、百尺竿頭、如何進歩。又古徳云、百尺竿頭坐底人、雖然得入未爲眞。百尺竿頭、須進歩十方世界現全身。

無門曰、進得歩、翻得身、更嫌何處不稱尊。然雖如是、且道、百尺竿頭、如何進歩。嗄。

頌曰

瞎却頂門眼
錯認定盤星
拌身能捨命
一盲引衆盲

淵藪野狐禪師書き下し文:

  四十六 竿頭(かんとう)、歩を進む

 石霜和尚云く、
「百尺の竿頭、如何が歩を進めん。」
と。
 又、古徳云く、
「百尺の竿頭、坐して底(てい)する人、入り得て然ると雖ども未だ眞と爲さず。百尺の竿頭、須らく歩を進めて十方(じつぽう)世界に全身を現ずべし。」
と。

 無門曰く、
「歩を進み得て、身を翻へし得ば、更に何(いづ)れの處を嫌ひてか尊と稱せざる。是くのごとく然ると雖ども、且らく道(い)へ、百尺の竿頭、如何が歩を進めんか。嗄(さ)。」

 頌して曰く、

頂門の眼(まなこ)を瞎却(かつきやく)して
錯(あやま)ちて定盤星(ぢやうばんじやう)を認む
身を拌(す)てて能く命も捨ててぞ
一盲 衆盲を引かん

淵藪野狐禪師訳:

  四十六 竿頭にて、一歩を踏み出す

 石霜楚円和尚が言う。
「百尺の竿の先にお前は居る。さて、どのようにして更に一歩を踏み出すか。」
 又、それより前の古德長沙景岑(けいしん)禅師も言う。
「百尺の竿の先、そこの座り込んでいる人は、とりあえず、機縁によってそこまで辿り着くことが出来たとはいえ、未だにそこに辿り着いたことが真理(まこと)であるのではない。百尺の竿の先から更に一歩を踏み出して、あらゆる世界に『在るところの存在の総体』を現出させねばならぬ。」

 無門、商量して言う。
「竿の先、そこから一歩を踏み出すことが出来、ありとある、世界すべてにその身をば、現ぜしめたとするならば、――ここは嫌(や)な処(とこ)、尊(たっと)からず、穢(よご)れ汚(けが)れた浮世かな――なんぞとほざく、こともなし。そうであるとは言うものの、さればよ! 己(おのれ)ら! 暫く言うてみよ!――一体、どうやって百尺の竿の先へ一足を踏み出すか! あ、さあさあさあ、サ!……」

 次いで囃して歌う。

頭頂に在る第三の眼が光を失うと
澱んだ眼は、ただ天秤の中点の目盛りに釘付けとなるばかり……錯誤して無用のものへと執着するようになるばかりである
さあ、身をも捨て、よく命をも捨ててこそ
一人の盲人(めしい)である汝なれども、群盲を導く人となれるであろう

« 無門關 二十九 非風非幡 | トップページ | 珍しく一首 »