フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 江南游記 十一 西湖(六) | トップページ | 感懐 »

2009/07/09

「先生も褌(ふんどし)ですか?」

先日、国語科の歓送迎会があったが、仕事が遅くなって、同僚の女教師と一緒に会場に向かうために校門の前でタクシーを待っていた。

彼女はまだ20代である。後で知ったのだが、僕とちょうど二周り違うのであった。

タクシーはなかなか来ない。待っている僕の左側の少し後ろで彼女は楚々として佇んでいた。

私が左肩にかけたザックの下方には、母がくれた私の干支である縮緬細工の鶏のストラップがぶら下がっている。

彼女はそれをくりっとした澄んだ眼で見下ろしながら――それは丁度私の臀部あたりにぶら下がっていた――徐ろに僕に訊いたのであった。

「先生も褌(ふんどし)ですか?」

……僕は思わず反射的に応えてしまった……

「え! 貴女(あなた)、褌はいてるの!?」

……僕は二年前の暮、ベトナムに旅した際、航空性中耳炎のために左耳の聴力が低下しているのである。勿論、彼女は

「先生も酉年(とりどし)ですか?」

と訊いたのであった……

――しかし僕はそれが下着の線が出ないことから外國の女性の間で流行(はや)つてゐるといふことについては、自分もなにかそんなことを、婦人雜誌か新聞かで讀んでゐたやうな氣がした。――

*   *   *

……こんな馬鹿なことを綴っているうち、丁度10分前、4:34に小鳥と鴉の声に交って、あの……彼岸の声が……蜩が、鳴き出していた……白んでくる空を背景に、僕の左目の金魚鉢の中のメダカも、蜩の音(ね)に元気よく泳ぎまわり始めている……

« 江南游記 十一 西湖(六) | トップページ | 感懐 »