フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 4:25以前に鳴動する蜩は戦略家か? | トップページ | 北京日記抄 三 十刹海 »

2009/07/30

北京日記抄 二 辜鴻銘先生

 

       二 辜鴻銘先生

 辜鴻銘(ここうめい)先生を訪ふ。ボイに案内されて通りしは素壁(そへき)に石刷(いしずり)の掛物をぶら下げ、床(ゆか)にアンペラを敷ける庁堂なり。ちよつと南京蟲はゐさうなれど、蕭散(せうさん)愛すべき庁堂と言ふべし。

 待つこと一分ならざるに眼光炯炯(けいけい)たる老人あり。闥(たつ)を排して入り來り、英語にて「よく來た、まあ坐れ」と言ふ。勿論辜鴻銘先生なり。胡麻鹽の辮髮、白の大掛兒(タアクワル)、顏は鼻の寸法短かければ、何處か大いなる蝙蝠(かうもり)に似たり。先生の僕と談ずるや、テエブルの上に數枚の藁半紙を置き、手は鉛筆を動かしてさつさと漢字を書きながら、口はのべつ幕なしに英吉利語をしやべる。僕の如く耳の怪しきものにはまことに便利なる會話法なり。

 先生、南は福建に生れ、西は蘇格蘭(スコツトランド)のエデインバラに學び、東は日本の婦人を娶(めと)り、北は北京に住するを以て東西南北の人と號す。英語は勿論、獨逸語も佛蘭西語も出來るよし。されどヤング・チヤイニイイズと異り、西洋の文明を買ひ冠らず。基督教、共和政體、機械萬能などを罵る次手(ついで)に、僕の支那服を着たるを見て、「洋服を着ないのは感心だ。只憾むらくは辮髮がない。」と言ふ。先生と談ずること三十分、忽ち八九歳の少女あり。羞かしさうに庁堂へ入り來る。蓋し先生のお孃さんなり。(夫人は既に鬼籍に入る。)先生、お孃さんの肩に手をかけ、支那語にて何とか囁けば、お孃さんは小さい口を開き、「いろはにほへとちりぬるをわか……」云々と言ふ。夫人の生前教へたるなるべし。先生は滿足さうに微笑してゐれど、僕は聊(いささか)センテイメンタルになり、お孃さんの顏を眺むるのみ。

 お孃さんの去りたる後(のち)、先生、又僕の爲に段を論じ、呉を論じ、併せて又トルストイを論ず。(トルストイは先生へ手紙をよこしたよし。)論じ來り、論じ去つて、先生の意氣大いに昂る(あが)や、眼は愈(いよいよ)炬(きよ)の如く、顏は益(ますます)蝙蝠に似たり。僕の上海を去らんとするに當り、ジヨオンズ、僕の手を握つて曰、「紫禁城は見ざるも可なり、辜鴻銘を見るを忘るること勿れ。」と。ジヨオンズの言、僕を欺かざるなり。僕、亦先生の論ずる所に感じ、何ぞ先生の時事に慨して時事に關せんとせざるかを問ふ。先生、何か早口に答ふれど、生憎僕に聞きとること能はず、「もう一度どうか」と繰り返せば、先生さも忌忌(いまいま)しさうに藁半紙の上に大書して曰、「老(らう)、老、老、老、老、……」と。

 一時間の後、先生の邸を辭し、歩して東單牌樓(とうたんぱいらう)のホテルに向へば、微風、並木の合歡花(がふくわんくわ)を吹き、斜陽、僕の支那服を照す。しかもなほ蝙蝠に似たる先生の顏、僕の眼前を去らざるが如し。僕は大通りへ出づるに當り、先生の門を囘看(くわいかん)して、――先生、幸(さいはひ)に咎むること勿れ、先生の老を歎ずるよりも先に、未だ年少有爲(いうゐ)なる僕自身の幸福を讚美したり。

[やぶちゃん注:辜鴻銘(Gū Hóngmíng グー ホンミン 18571928)清末から中華民国初期の学者。中国の伝統文化と合わせて西洋の言語及び文化に精通し、同時に東洋文化とその精神を西洋人知識人に称揚した。イギリス海峡植民地(現マレーシア)のペナンに生まれた(父は福建省出身のゴム農園管理人、母はポルトガル人)。1867年にゴム農園のオーナーと共に渡英、1870年にはドイツに留学、1877年に英国に戻ってエジンバラ大学で西洋文学を専攻する。1877年の卒業後、再びドイツのライプチヒ大学で土木工学、次いでフランスのパリ大学で法学を学ぶ。1880年にペナンに帰郷するが、ここで学識の外交官馬建忠に感化を受け、中国文化に目覚めた。1885年には清に赴き、秘書や上海黄浦江浚渫局局長を経て、1908年の宣統帝の即位後、外交部侍郎に任命された。1910年には上海南洋公学(現・上海交通大学)の監督となったが、1911年の辛亥革命により公職を去った。その後、1915年に北京大学教授に任命されてイギリス文学を講義した(1923年の蔡元培学長の免職に抗議して辞任。大正13(1924)年と、翌14(1925)年の二度、来日して講演活動を行い、帰国した翌年に北京で死去した。英語以外にもドイツ語・フランス語・イタリア語・ギリシア語・ラテン語・日本語・マレー語を話すことが出来、芥川の他にも、モームやタゴールといった高名な文人達が、彼を訪問している。「只憾むらくは辮髮がない」のウィットでお分かりの通り、「生在南洋、学在西洋、婚在東洋、仕在北洋」や「気平一生楽」、「男の心に通ずる道は食道、女の心に通ずる道は陰道」等、名言迷言の多い人物でもある(以上は主にウィキの「辜鴻銘」を参照した)。

・「素壁」色を塗っていない白壁。芥川は古跡や寺院が黄や紅にどぎつく塗られているのを見てきたせいで、このすっきりとした白壁に恐らく好印象を持っている。

・「石刷」拓本。

・「アンペラ」中国南部原産の単子葉植物綱カヤツリグサ目カヤツリグサ科Cyperaceaeの仲間の湿地性多年草の茎の繊維を用いて編んだ筵。日覆いを意味するポルトガル語の“ampero”又はマレー語の“ampela”語源説や、茎を平らに伸ばして敷物や帽子などを編むことを意味する「編平」(あみへら)転訛説等がある。

・「庁堂」表座敷。大広間。

・「南京蟲」昆虫綱半翅(カメムシ)目異翅亜目トコジラミ科トコジラミCimex lectulariusの別名。「トコジラミ」は、本種が咀顎目シラミ亜目Anopluraとは全く異なる以上、不適切な和名であると思う。私は木下順二のゾルゲ事件を題材とした『オットーと呼ばれる日本人』冒頭で、上海の共同租界でこれに刺される登場人物が「あちっ!」と言うのが、ずっと記憶に残っている。それは灼熱のような刺しでもあるのかも知れぬ。

・「蕭散」もの静かで、さびしいこと。落ち着いて心静かなこと。また、そのさま。

・「闥を排し」扉を勢いよく開いて、の意。これは「蒙求」の「樊噲排闥」(「史記」の「鴻門之会」で知られる樊噲登場のシーン)の語。「眼光炯炯」たる忠義の犬殺し樊噲が「時事に慨して」「闥を排し」て登場する様に擬えた。

・「大掛兒(タアクワル)」tàiguàér”男物の単衣(ひとえ)の裾が足首まである長い中国服のこと。「上海游記」に附された筑摩版脚注では「掛」は「褂」が正しいとある。

・「福建」福建省。台湾の対岸に位置する。古くは閩(びん)と呼ばれた。古くから多くの文人を輩出した一方、「客家(はっか)」として海外移住者も多い地方で、日本やシンガポール在住の華僑の多くは福建出身である。

・「エデインバラ」University of Edinburgh王立エディンバラ大学。1582年創立のイギリスの名門。

・「ヤング・チヤイニイイズ」“Young Chineise「上海游記」「十八 李人傑氏」で用いた『「若き支那」』と同義。ここで芥川は「少年中国学会」を意識して英語表記していると思われる。「少年中国学会」は1918630日に主に日本留学生によって企図された(正式成立は連動した五四運動直後の191971日)、軍閥の専制や日本帝国主義の侵略に反対することを目的として結成された学生組織の名称。当然のことながら、有意に共産主義を志向する学生が占めていた。但し、李人傑は少年中国学会の会員ではない。芥川は新生中国の胎動の中にある青年の理想、共産主義の機運を包括的に、このように呼んでいると考えてよいが、そこには当然、日本での本篇の検閲を見越しての巧妙なぼかしの意味もあると思われる。その証拠に「共産主義」「共産党」の一語だに芥川は本篇に用いていない。また、芥川は「侏儒の言葉」の「支那」の項で、同じ「若き支那」という語句を印象的に用いている(二項あるので、一緒に示す)。

       支  那

 螢の幼蟲は蝸牛を食ふ時に全然蝸牛を殺してはしまはぬ。いつも新らしい肉を食ふ爲に蝸牛を麻痺させてしまふだけである。我日本帝國を始め、列強の支那に對する態度は畢竟この蝸牛に對する螢の態度と選ぶ所はない。

       又

 今日の支那の最大の悲劇は無數の國家的羅曼主義者即ち「若き支那」の爲に鐵の如き訓練を與へるに足る一人のムツソリニもゐないことである。

なお以上の内、「少年中国学会」については中文事典サイト「百度百科」「少年中国学会」の記載を自己流に読み、参考にしたものである。

・「共和政體」辜鴻銘は辮髪姿からもお分かりの通り、保皇派で、清朝に貞節を尽くした。

・「辮髮」弁髪。モンゴル・満州族等の北方アジア諸民族に特徴的な男子の髪形。清を建国した満州族の場合は、頭の周囲の髪をそり、中央に残した髪を編んで後ろへ長く垂らしたものを言う。清朝は1644年の北京入城翌日に薙髪令(ちはつれい)を施行して束髪の礼の異なる漢民族に弁髪を強制、違反者は死刑に処した。清末に至って漢民族の意識の高揚の中、辮髪を切ることは民族的抵抗運動の象徴となってゆき、中華民国の建国と同時に廃止された。

・「八九歳の少女」因みに、やや感興を殺ぐことを言わせて貰えば、辜鴻銘は「急須一つに茶碗複数はあっても、茶碗一つに急須複数は無い」と言ったという一夫多妻論者であった。

・「段」段祺瑞 (Duàn Qíruì ドゥアン リールイ だんきずい 18651936)のこと。清末から中華民国初期の軍人・政治家。以下、ウィキの「段祺瑞」から部分引用する。『1895年、清末期に実力者となった袁世凱の新建陸軍に入り、軍の近代化を担った。1901年、袁世凱が直隷総督兼北洋大臣となって北洋軍を編成すると続けてその幕下に入』る。『1911年の辛亥革命のときには、第二軍軍統兼湖広総督に任命されて武漢三鎮で革命軍と戦ったが、理由をつけて退き、その後は袁世凱の内意を受けて多くの将校とともに清朝最後の皇帝・宣統帝に退位と共和制の実行を迫っ』た。『その後、袁世凱が中華民国の大総統になると、陸軍総長となって袁世凱を助けた』。次第に彼の『軍事力は北洋軍の中でも絶大なものとな』り、『1916年、袁世凱が死去すると、国務総理に就任して北京政府の事実上の指導者となった』が、『1920年、安直戦争に敗れて下野』した。しかし、『1924年、張作霖の支持を受けて北京における臨時政府の執政に就任。以後は反日運動を行なう学生らを弾圧するなど(三・一八虐殺事件)したが、これが原因で1926年、政府内から反発を受けて再び下野を余儀なくされた。その後、蒋介石に招聘されて上海に移』り、『同地で72歳の生涯を終えた。』。

・「呉」呉佩孚(Wú Pèifú  ウーペイフー ごはいふ 18741939)清末から中華民国初期の軍人・政治家。北洋軍閥直隷派の領袖。陸軍軍官学校出身。以下、ウィキの「呉佩孚」から部分引用する。『護国戦争や護法軍の鎮圧にも参加。1920年の安直戦争で段祺瑞率いる安徽派を北京政府から追い、直隷省・山東省・河南省3省の巡閲副使となる。ところが政府の主導権をめぐって同盟を結んでいた張作霖らの奉天派と対立。1922年に第一次奉直戦争に勝利して、陸軍参謀総長を経て直隷省・山東省・河南省3省の巡閲使・航空監督となる。1924年には第二次奉直戦争で再び奉天派と戦うものの、部下の馮玉祥の裏切りにあい敗北。湖北省へと逃れて孫伝芳らと、奉天派および奉天派と組んだ安徽派・馮らの国民軍に対し再度攻撃を仕掛ける。しかし1926年に北伐に来ていた国民政府軍に敗れて、四川省へと逃れる。』『盧溝橋事件以降は日本軍から協力を求められるが態度を鮮明とせず、1939年に死去。歯科医の抜歯直後に急死したため日本軍による暗殺説が囁かれ、国民政府からは陸軍一級上将を追贈された。』。

・「炬」篝火のような眼。物事を明らかに見分ける才能を陰喩する。

・「ジヨオンズ」Thomas Jones18901923)。岩波版新全集書簡に附録する関口安義らによる人名解説索引等によれば、芥川龍之介の参加した第4次『新思潮』同人らと親密な関係にあったアイルランド人。大正4(1915)年に来日し、大蔵商業(現・東京経済大)で英語を教えた。芥川との親密な交流は年譜等でも頻繁に記されている。後にロイター通信社社員となった彼は、当時、同通信社の上海特派員となっていた(芥川も並んだその折の大正8(1919)年9月24日に鶯谷の料亭伊香保で行われた送別会の写真はよく知られる)。この中国行での上海での出逢いが最後となり、ジョーンズは天然痘に罹患、上海で客死した。芥川龍之介が『新潮』に昭和2(1927)年1月に発表した「彼 第二」はジョーンズへのオードである。ジョーンズの詳細な事蹟は、「上海游記」「三 第一瞥(中)」の冒頭注及び「彼 第二」の私の後注を参照されたい。

・「紫禁城」後掲「五 名勝」の注を参照。

・「東單牌樓」の「牌樓」は「牌坊」と同義で、中国の伝統的建築様式の門の一種。単に坊とも呼ばれる(坊は本来は区画を言う)。所謂、中華街の東西南北の門を想起してもらえればよい。ウィキの「牌坊」によれば、『一般的に牌坊と牌楼は同じ意味で使われるが、屋根や斗拱(ときょう:斗組・軒などを支える木の組み物のこと)のないものが牌坊と呼ばれ、あるものが牌楼と呼ばれる』とある。実際には北京には方位に限らず沢山の「牌樓」があるが、その中でも著名な一つが「東單牌樓」で、紫禁城の東、天安門前にある長安街の東側に設けられている門を言う。

・「合歡花」バラ亜綱マメ目ネムノキ科ネムノキAlbizia julibrissin。落葉高木。ネムノキ属Albiziaは熱帯原産であるが、本種は耐寒性が強く高緯度まで分布する。悪環境にも強く、荒地にも一早く植生する植物としても知られる。擬古文に合わせて音読みしているが、必ずしもネムの異例な呼称ではない。

・「一時間の後、先生の邸を辭し、歩して東單牌樓(とうたんぱいろう)のホテルに向へば、微風、並木の合歡花(がふくわんくわ)を吹き、斜陽、僕の支那服を照す。しかもなほ蝙蝠に似たる先生の顏、僕の眼前を去らざるが如し。僕は大通りへ出づるに當り、先生の門を囘看(くわいかん)して、――先生、幸(さいはひ)に咎むること勿れ、先生の老を歎ずるよりも先に、未だ年少有爲(いうゐ)なる僕自身の幸福を讚美したり。」私はこの最後のシーン、これは夏目漱石の「こゝろ」上三十五を下敷きにしているように思えてならない。学生と先生の邂逅の最後の、あの印象的な最後である。

 「また九月に」と先生がいつた。

 私は挨拶をして格子の外へ足を踏み出した。玄關と門の間にあるこんもりした木犀の一株が、私の行手を塞ぐやうに、夜陰のうちに枝を張つてゐた。私は二三歩動き出しながら、黑ずんだ葉に被はれてゐる其梢を見て、來るべき秋の花と香を想ひ浮べた。私は先生の宅と此木犀とを、以前から心のうちで、離す事の出來ないものゝやうに、一所に記憶してゐた。私が偶然其樹の前に立つて、再びこの宅の玄關を跨ぐべき次の秋に思を馳せた時、今迄格子の間から射してゐた玄關の電燈がふつと消えた。先生夫婦はそれぎり奥へ這入たらしかつた。私は一人暗い表へ出た。

ここで芥川は、さわやかにして艶なる合歓の花に心躍らせている。そうして先生の家の門を振り返って、思う。――先生、どうかお咎めになられないように……私は、実はこの時、掛け替えのない師が老を嘆かれたこの世の不幸より、それよりもまず先に、未だに年若い前途有望何でも来いといった意気揚々たる僕自身の幸福を心の内に讚美していたのでした――と。

その不遜は恰もあの「枯野抄」の丈草のようではないか?

――しかし――しかし、である。――この「北京日記抄」を執筆した当時、大正141925)年当時の芥川龍之介は――そうではなかった――私は次の引用でこの篇の注を締め括るとこととする。「こゝろ」上三十六の掉尾である。

 「何つちが先へ死ぬだらう」

 私は其晩先生と奥さんの間に起つた疑問をひとり口の内で繰り返して見た。さうして此疑問には誰も自信をもつて答へる事が出來ないのだと思つた。然し何方が先へ死ぬと判然分つてゐたならば、先生は何うするだらう。奥さんは何うするだらう。先生も奥さんも、今のやうな態度でゐるより外に仕方がないだらうと思つた。(死に近づきつゝある父を國元に控えながら、此私が何うする事も出來ないやうに)。私は人間を果敢ないものに觀じた。人間の何うする事も出來ない持つて生れた輕薄を、果敢ないものに觀じた。

――辜鴻銘が亡くなったのは、芥川龍之介自裁の翌年であった。――]

« 4:25以前に鳴動する蜩は戦略家か? | トップページ | 北京日記抄 三 十刹海 »