フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 尾形亀之助『色ガラスの街』の「ある晝の話」のネット上の電子テクストの誤りについて その他 空行の欠落について | トップページ | 思潮社増補改訂版「尾形亀之助全集」は再校訂が必要である »

2009/09/06

驚天動地阿鼻叫喚震撼信管芋羊羹! 新大発見! 尾形亀之助『色ガラスの街』の「雨 雨」の従来知られている詩には致命的な一行脱落他が有った!!!

    雨 雨

DORADORADO ______

TI ______ TATATA ___ TA

TI ______ TOTOTO ___ TO

DORADORADO

TI ______TATATA ___ TA

TI ______ TOTOTO ___TO

(改頁)

DORADORADO ______

雨は

ガラスの花

雨は

いちんち眼鏡をかけて

 

[やぶちゃん注:驚天動地阿鼻叫喚杜撰御下劣義歯擬態――大変なことを発見してしまった。尾形亀之助の詩の中でも比較的知られた、この音声詩とも言うべき詩。秋元潔編1999年思潮社増補改訂版全集でもどこでも、従来は以下の通り、紹介されてきたし、そのように『色ガラスの街』には所収するものと僕も信じてきた。

 

   雨 雨

DORADORADO――
TI-TATATA-TA
TI-TOTOTO-TO
DORADORADO

TI-TOTOTO-TO
DORADORADO――

雨は
ガラスの花

雨は
いちんち眼鏡をかけて

 

ところが! 比べて頂きたい! 音声部ローマ字のダッシュ部分が全く異なる(『色ガラスの街』に用いられているものは、このブログのブラウザでは表記出来ないのだが、下部に位置するダッシュ状のもので、中央に走るダッシュや短いハイフンとは全く違う記号なのである)。

そして! 何と! 第二連冒頭から「TI ――TATATA ― TA」の一行が脱落している! 考えられないことである!

――ショック、きつい、右腕、かたい――他にも、全集にもない一字空けや一行空けの脱落を発見したが、このひどい発見で霞んでしまった(最早指摘する気力も失せたという意味である)。そこはまた、バーチャル・ウエッブ版公開に譲る。但し、僕の目的は校閲にあるのではない。僕は今日、多量にアップしたこれらの注の内容を、バーチャル・ウエッブ版に組み込む等と言う、如何にもお洒落じゃないことをするつもりは、毛頭ない。僕が目指すのは、あくまでお洒落な詩集『色ガラスの街』の初版を読んだ気になってもらうためのページなのである――

« 尾形亀之助『色ガラスの街』の「ある晝の話」のネット上の電子テクストの誤りについて その他 空行の欠落について | トップページ | 思潮社増補改訂版「尾形亀之助全集」は再校訂が必要である »