フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 無題詩 尾形亀之助 或いは ダッシュの長さなんて「そんなの関係ネェ!」 | トップページ | 尾形亀之助『色ガラスの街』の「夏」のネット上の電子テクストの誤りについて »

2009/09/06

僕の好きな尾形亀之助『色ガラスの街』の「或る少女に」についての考察

    或る少女に

あなたは
暗い夜の庭に立ちすくんでゐる
何か愉快ではなささうです

もしも そんなときに
私があなたを呼びかけて
あなたが私の方へ歩いてくる足どりが
(改頁)
私は好きでたまらないにちがひない

[やぶちゃん注:この最後の行が次のページにあるところなんざ! 私は好きでたまらないにちがひないんだ! 

しかし、今回の作業で困惑するのが、こういう部分なのだ。どういうことかと言うと、基本的に『色ガラスの街』の一ページは詩本文のポイントで11行分である。詩の題名がややポイントが大きいので、すべてがそれでカウントできるわけではないが、題の前後を含め3行計算でいくと、だいたい11行計算で齟齬が生じない。ところが、この場合は、その計算でいくと右ページは10行しか数えられない。即ちその計算と、実際のこの見開きページを見た印象の双方から、この「或る少女に」は、従来知られているように、

    或る少女に

あなたは
暗い夜の庭に立ちすくんでゐる
何か愉快ではなささうです

もしも そんなときに
私があなたを呼びかけて
あなたが私の方へ歩いてくる足どりが
私は好きでたまらないにちがひない

なのではなく、

    或る少女に

あなたは
暗い夜の庭に立ちすくんでゐる
何か愉快ではなささうです

もしも そんなときに
私があなたを呼びかけて
あなたが私の方へ歩いてくる足どりが

私は好きでたまらないにちがひない

である、ということなのである。この一行を独立させることはあってもおかしくない。

――じゃあ、お前は何故、冒頭の表示で「(改頁)」の前に一行空きを入れてないんだ――

と言われるであろう。それは、こうである。右ページをよく見ると透けて見える前々ページの詩「たひらな壁」のタイトルは、一行左に黒々と見えるのである。即ち、このページ全体が極端に右にずれて印刷されていることが分かるのである。そこで一行分、左にスライドした映像を想起すると、視覚印象では一行空いているようには読めないのである。計算上の矛盾は解消できないが、その仮想した視覚印象を優先して、今回のテクストでは独立行としてとらなかったのである。]

« 無題詩 尾形亀之助 或いは ダッシュの長さなんて「そんなの関係ネェ!」 | トップページ | 尾形亀之助『色ガラスの街』の「夏」のネット上の電子テクストの誤りについて »