フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 尾形亀之助『色ガラスの街』「夜半 私は眼さめてゐる」の×二つが衍字だと誰が言ったか? | トップページ | 書籍と言う不幸 又は 現代詩文庫版尾形亀之助『色ガラスの街』「ある來訪者への接待」の致命的誤謬 或いは 「みみみららららからからからごんとろとろろぺろぺんとたるるて」という誤ったDNAの増殖 »

2009/09/06

尾形亀之助の『色ガラスの街』のお洒落な「病気」は間違いなんか、していない!

    病氣

ヤサシイ娘ニイダカレテヰル トコロカラ私ノ病氣ガ始マリマシタ

私ハ バイキンノカタマリニナツテ
娘ノ頰ノトコロニ飛ビツキマシタ

娘ハ私ヲ ホクロトマチガヘテ
丁度ヨイトコロニヰル私ヲ中心ニシテ化粧ヲシマス

[やぶちゃん注:どうなってるの? 全集は最終行を

丁度ヨイトコロニイル私ヲ中心ニシテ化粧ヲシマス

とし、現代詩文庫ではご丁寧に「イル」の「イ」の横に「ママ」表記だぜ? 考えられること(それはとっても考えられないことだが)は、私の持っているこの本、名著刊行会が復刻したこの本の復刻時に名著刊行会の奇特な人が「訂正」しちゃったのかなあ? そんなことって、ある? ないよなあ? ただ角川文庫が復刊した際、版が擦り切れているため、印刷出来ない部分を新活字で埋めた際、歴史的仮名遣いを誤ったり、新字を入れたりするとんでもない誤りは沢山見てきたから、絶対ないとは言えないな。それにしても、復刻に用いた原本の、偶然、これらの誤り部分(同じ現象が先に掲げた「序の一」にもある)が字が、「都合よく」(?)判読できない程に致命的に欠落・印字不全であったというのもさ、確率上、有り得ないんじゃあ、ないのかなあ?]

« 尾形亀之助『色ガラスの街』「夜半 私は眼さめてゐる」の×二つが衍字だと誰が言ったか? | トップページ | 書籍と言う不幸 又は 現代詩文庫版尾形亀之助『色ガラスの街』「ある來訪者への接待」の致命的誤謬 或いは 「みみみららららからからからごんとろとろろぺろぺんとたるるて」という誤ったDNAの増殖 »