フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 尾形亀之助『色ガラスの街』「とぎれた夢の前に立ちどまる」 又は 行空けも「×」も詩である | トップページ | 無題詩 尾形亀之助 或いは ダッシュの長さなんて「そんなの関係ネェ!」 »

2009/09/06

四月の原に私は來てゐる 尾形亀之助 又は 漢字一字でも違うものは違う 或いは 思潮社版増補改訂尾形亀之助全集『色ガラスの街』編注のこと

    四月の原に私は來てゐる

過去は首のない立像だ

或る年
ていねいに
戀は 青草ののびた土手に埋められた

それからは
(改頁)
毎年そこへ萠へ出づる毒草があるのです

青い四月の空の下に
南風がそこの土手を通るときゆらゆらゆれながら
人を食ふやうな形をして咲いてゐる花がそれなのです

[やぶちゃん注:最終行「食ふ」は、全集を含め、従来「喰ふ」となっている。曰之、唯不可解。「喰ふ」の方が「くらふ」でリズムはよい。もしかすると、初出はそうなのかもしれない。しかし、もし秋元潔氏が初出によって「正した」のなら、それを編注に記すべきである。一言、秋元氏に言いたい。この全集の編注、『色ガラスの街』の部分に限って言うならば、初出及び異文ありの5項目のみ、激しく杜撰である。たったの10行。これを多くの若者が今後の尾形亀之助『色ガラスの街』研究の第一次資料として用いるであろうことを考えた時、彼等の途方に暮れるさまが見えるようだ。]

« 尾形亀之助『色ガラスの街』「とぎれた夢の前に立ちどまる」 又は 行空けも「×」も詩である | トップページ | 無題詩 尾形亀之助 或いは ダッシュの長さなんて「そんなの関係ネェ!」 »