フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« うつそみとかかはりもなくわが心いくたびか死にまだ生きてゐる 片山廣子 | トップページ | 暮れかかる山手の坂にあかり射して花屋の窓の黄菊しらぎく 片山廣子 »

2009/11/28

日傘させどまはりに日あり足もとの細流れを見つつ人の來るを待つ 片山廣子

日傘させどまはりに日あり足もとの細流れを見つつ人の來るを待つ

昭和32(1957)年「心の花」2月号に所載されたもの。これ一首のみである。2006年月曜社刊の「野に住みて」(引用もそこから。但し、新字を正字に代えた)の短歌の拾遺パートの、先に掲げた遺稿集の直前に置かれている。昭和32(1957)年の拾遺もこの一首のみである。既に僕の片山廣子の歌集群をお読みの方は、お分かり頂けるものと思うが、これは新作ではない。そもそもこの時、彼女は脳溢血で病臥し、翌3月19日に亡くなっている。――この歌は――あの大正15(1926)年の軽井沢での「日中」歌群の――一首である――この「人」は芥川龍之介である――片山廣子がこれを選んだのか、別の誰かがこれを選んで掲載したものか――それは不明である――しかし――これが廣子の生前最後の一首であることは紛れもない事実なのである――

« うつそみとかかはりもなくわが心いくたびか死にまだ生きてゐる 片山廣子 | トップページ | 暮れかかる山手の坂にあかり射して花屋の窓の黄菊しらぎく 片山廣子 »