フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 暮れかかる山手の坂にあかり射して花屋の窓の黄菊しらぎく 片山廣子 | トップページ | 累計アクセス数195133 »

2009/11/29

耳嚢 水野家士岩崎彦右衞門が事

「耳嚢」に「水野家士岩崎彦右衞門が事」を収載した。

 水野家士岩崎彦右衞門が事

 有德院樣御代御取立にて老中勤仕有之候水野和泉守は、元來小身の御旗本の倅にて、至て下餞の事もよく辨へる人なりしが、本家相續有て後執政を勤られし故、其器量も一方ならざる由。然るに本家相續の比(ころ)近習相勤る士に岩崎小彌太といへる者あり。和泉守衣服着替の節、取なやみ遲(おそし)とて帶にて小彌太が※(かほ)を打れければ、小彌太次へ立て髻(もとどり)切拂、先代より奉公いたしけれ共、侍の※(かほ)を打たれ候事無之、武士の一分捨(すた)り候趣書置して立退きける故、泉州事も後悔有ければ、隨身(ずいじん)の家士も家中の小見事を恐れて諌ける故、老臣を招て小彌太行衞を尋て呼戻すべし、全く自分の誤り也と泉州申されけれは、老臣水野三郎右衞門答けるは、御尤の御儀ながら、主君の御誤と申候ては決て可歸(かへるべき)小彌太にあらず、主命に背(そむき)不屆に候間切腹をも可被仰付(おほせつけらるべき)に付、立歸候樣申渡候はゞ歸り可申と申ける故、其旨泉州聞濟(ききずみ)有之(これあり)呼戻し給ふに、果して立歸りける間、加増申付納戸役に被致けると也。泉州英雄とは言ながら、段々昇進の上、氣力を助しは右三郎右衞門と小彌太彦右衞門の由、今も其跡目は左近將監(さこんしやうげん)家にありとなり。

[やぶちゃん字注:「※」=「白」(上)+「ハ」(下)。顏の異体字。]

□やぶちゃん注

○前項連関:元禄赤穂事件とこの水野和泉守忠之は深い関係があることからの連関がまずあり(「水野和泉守」注で詳述)、加えて大石内蔵助良雄の時空を越えた武士の忠義と「我が命は輕し」の覚悟が、岩崎小彌太彦右衞門なる水野家家士の武士としての節と「君恩は重し」という切腹の命令にこそ帰還するという覚悟にも連関すると言える。

・「有德院」八代将軍徳川吉宗(貞享元(1684)年~寛延41751)年)の諡り名。

・「水野和泉守」水野忠之(ただゆき寛文91669)年~享保161731)年)江戸幕府老中。三河国岡崎藩第4代藩主であった譜代大名。元禄101697)年に御使番に列し、元禄111698)年4月に日光目付、同年9月には日光普請奉行、元禄121699)年、実兄岡崎藩主水野忠盈(ただみつ)養子となって家督を相続した(忠之は四男)。同年10月、従五位下、大監物に叙任している。以下、主に元禄赤穂事件絡みの部分は、参照したウィキの「水野忠之」からそのまま引用する。『元禄141701)年3月14日に赤穂藩主浅野長矩が高家・吉良義央に刃傷沙汰に及んだときには、赤穂藩の鉄砲洲屋敷へ赴いて騒動の取り静めにあたっている。』『また翌年1215日、赤穂義士47士が吉良の首をあげて幕府に出頭した後には、そのうち間十次郎・奥田貞右衛門・矢頭右衛門七・村松三太夫・間瀬孫九郎・茅野和助・横川勘平・三村次郎左衛門・神崎与五郎9名のお預かりを命じられ、彼らを三田中屋敷へ預かった。』『大石良雄をあずかった細川綱利(熊本藩主54万石)に倣って水野も義士達をよくもてなした。しかし細川は義士達が細川邸に入った後、すぐさま自ら出てきて大石達と会見したのに対して、水野は幕府をはばかってか、21日になってようやく義士達と会見している。決して水野家の義士達へのもてなしが細川家に劣ったわけではないが、水野は細川と比べるとやや熱狂ぶりが少なく、比較的冷静な人物だったのかもしれない。もちろん会見では水野も義士達に賞賛の言葉を送っている。また江戸の庶民からも称賛されたようで、「細川の 水の(水野)流れは清けれど ただ大海(毛利甲斐守)の沖(松平隠岐守)ぞ濁れる」との狂歌が残っている。これは細川家と水野家が浪士たちを厚遇し、毛利家と松平家が冷遇したことを表したものである。その後、2月4日に幕命に従って。』9人の義士を切腹させている。その後は、奏者番・若年寄・京都所司代を歴任、京都所司代就任とともに従四位下侍従和泉守に昇進、享保2(1717)年『に財政をあずかる勝手掛老中となり、将軍徳川吉宗の享保の改革を支え』、享保151730)年に老中を辞している。

・「元來小身の御旗本の倅にて」ウィキの「水野忠之」によれば、彼は『三河国岡崎藩主水野忠春(5万石)の四男として水野家江戸屋敷で』生まれたが、延宝2(1674)年5歳の時に『親族の旗本水野忠近(2300石)の養子となって家督を継いだ』とあり、この事実に基づく誤解と思われる(最後でも「段々昇進の上」とあり、たかだか50年後の都市伝説の中でありながら、出自がこれほど誤伝されるという事実が興味深い)。前注に示した通り、その後、30歳で実兄岡崎藩主水野忠盈養子となり、元の家督に戻って相続している。

・「本家相續の比」元禄121699)年実兄岡崎藩主水野忠盈養子となった直後、近習の者とも未だ慣れ親しんでいなかった折りのことであろう。

・「岩崎小彌太」不詳。ここで彼が「先代より奉公いたしけれ共」と称しているが、これは恐らく実兄の前岡崎藩主水野忠盈のことを指していると考えてよいであろう。この時の年齢だけでも知りたいものである。

・「取なやみ」底本には右に『(一本「手廻し」)』とある。「取なやみ」ならば、着替え介添えの手筈が悪く、もたついていることを意味し、「手廻し」ならばそのまま、直接話法的に「手筈、遅し!」という意味になろう。

・「武士の一分捨り候」その理不尽なる御行いによりて、武士としての一身の面目が無に帰し申した、の意。

・「家中の小見事」底本には右に『(尊經閣本「家中の輩事有らん事を」)』とある。「家中の小見事」ならば、水野家内々に起こったちょっとした(されど見過ごすことは出来ない)事件として、の意、「家中の輩事有らん事を」ならば、水野家家中の者どもは皆、これがよからぬ騒動に発展しはしまいかと、の意。

・「水野三郎右衞門」不詳。「老臣」とあり、岩崎小弥太の性格も熟知しているところから、やはり前岡崎藩主水野忠盈以来の家臣であろう。岩崎小弥太同様、この時の年齢だけでも知りたいものである。

・「聞濟(ききずみ)有之(これあり)」その主張を聴き終え、とりあえずその言に従って、切腹申し渡すに付き帰藩せよとの御下命を下されたされたところ、の意。

・「納戸役」納戸方とも。将軍や主君の衣服・調度の管理、献上や下賜するための金銀・物品に関わる事務全般を受け持つ。

・「左近將監家」肥前唐津藩第2代藩主である水野忠鼎(ただかね延享元(1744)年~文政元(1818)年93日)のこと。水野忠之の4代後の子孫。官位は従五位下で左近将監であった。

■やぶちゃん現代語訳

水野家臣岩崎彦右衛門の事

 有徳院吉宗様の御代、御取立に預かって老中をお勤めになられた水野和泉守忠之殿は、元来は身分の低い御旗本の倅であられたから、下賤の者の思いなども、至ってよくお分かりになっておられる方であった。勿論、その後(のち)、本家相続をもなされて、藩政をお執りになられた故、その人としての才(さえ)や人物は並々ならぬものであったとのことである。

 ところが、そんな水野和泉守殿の御側付きの者に、岩崎小弥太という者が御座った。

 ある時、小弥太が和泉守殿の御着替えの世話を致いておったところが、何故か、その日に限って手筈が悪く、なかなか御着替えが進まぬ。苛立った和泉守は、思わず――「遅い!」――と言いながら、手を添えておられた御自身の帯を握るって、したたかに小弥太の顔を打ってしまった。

 すると、小弥太はすっくと立ち上がり、さっさと次の間に入るや、すっぱりと髷(もとどり)を切り落とすと、

『先代より御奉公致いて参りましたけれども、侍たる我、生まれてこの方、人に顔を打たれしことはこれなく、武士としての一身の面目、無に帰し申した』

という書置を一気に認(したた)めると城から立ち退いてしまった。

 これを聞き知った和泉守殿も己の軽率な仕打ちをひどく後悔され、家臣団も、御家中でもこのちょっとした出来事が、深刻なる騒動へと発展致さば如何なされまするか、とお諫め申し上げたため、和泉守殿は老臣を招集して、

「小弥太の行方を捜いて呼び戻いて参るがよい……その折り『全くもって予の誤りであった』と告げての……」

ところが、それに対して老臣水野三郎右衛門が答えた。

「……御尤もなる御仕儀ながら――あの小弥太という男、『主君の御誤り』と申しましては、決して帰ってくる小弥太では御座らぬ――『主命に背き、不届きに付、切腹申し付くる故、即刻立ち返り候よう』と申し渡しましたならば、必ずや帰って参りまする――それが、あの小弥太という男に御座います……」

それを聞き終えた和泉守殿は、半信半疑ながらも、とりあえず水野三郎右衛門の言に従い『切腹申し渡すに付き帰藩せよ』との御下命を下されたのであった――。

――すると、果たして即座に、小弥太が御城下へ立ち帰って出頭致いたのであった。

 和泉守殿は直ちに、小弥太に加増を申しつけ、御納戸役になされたとのことである。

 和泉守殿は当世にあっては専ら英雄の呼び名が高いのであるが、下から叩き上げて段々に昇進なさった方であり、常にその気力を側面から支えたのは、この老臣水野三郎右衛門と岩崎小弥太彦右衛門の二人であったという。今も彼ら三郎右衛門・彦右衛門それぞれの子孫が水野和泉守忠之殿の御子孫であられる肥前唐津藩の左近将監家、水野忠鼎(ただかね)殿の家中にお仕えしておる、とのことである。

« 暮れかかる山手の坂にあかり射して花屋の窓の黄菊しらぎく 片山廣子 | トップページ | 累計アクセス数195133 »