フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 改造継続中 | トップページ | アルフォンシーナと海――教え子の呉れた一枚に心臓を撃ち抜かれる »

2010/01/09

HPテクスト行間2倍改造作業終了

HPテクストの内、ほぼ95%以上のテクスト・ページを行間2倍に改造する作業を、今、終了した。幾分かは、読み易くなっていると思う。ブラウザの字がごちゃごちゃちらついて読むのを諦めておられた方は、どうか、再度、御笑覧頂ければと存ずる。

HPのテクストがブラウザで読みにくいというお叱りは何度か頂いたことがある。その際、僕は僕のテクストはブラウザで読んで戴くより、ワード・プロセッサにコピー・ペーストされて、縦書に変換、お読み戴くことを念頭に置いていると嘯いてきた。……が、実際に自分でもブラウザでは読みにくいなあ、と内心、忸怩たるものがあったことも事実であった。昨日、ネット・サーフィンをしていたところ、ブラウザのフォントや表示法を専門にされている方が、僕のあるテクストに興味を持たれたらしく、ブログに掲載されていたのであるが(勿論、私のHPからの転載であることをお断りになられ、リンクも張っておられた)、そこでその方は、数種のフォントを使い分けられて、実に美しく読み易かったのであった。ちょっと嫉妬したのだ……それが今回の大改造のきっかけではある……あるが、しかし、もっと有体に言ってしまえば……僕は実は、僕のHPビルダーを全く勉強せずに用いており、昨日、あちこと自己流でいじくっている内に、行間変更機能をひょんなことから見つけた――即ち、昨日まで僕は行間隔拡張方法を知らなかったから、やらなかった……やれなかった……という惨めな事実を告白してお詫びとしたい。

なお、俳句はブラウザでも縦書でなくてはいけませんと、わざわざメールを下さった読者もかつておられたが、僕の所持するHPビルダーは、縦書変換には至って不向きなもので、芥川龍之介俳句全集のような膨大な量のものを一括返還が出来ないタイプであるため、今後も縦書表示にするつもりは、今のところ、ない。文句を言われるなら、それこそ、さっき申し上げたように、紙ベースに変換されるに若くはないのだ。僕は多様なブラウザの縦書変換ビューワを持っているが、最近は殆んどブラウザで見ることはない。やっぱり活字の縦書が大切だと思うのである。

« 改造継続中 | トップページ | アルフォンシーナと海――教え子の呉れた一枚に心臓を撃ち抜かれる »