フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ひとりだけの部屋 | トップページ | 耳嚢 一心の決處願ひ成就する事 »

2010/01/24

東亜文化大学教授 宗像伝奇樣 星野之宣先生気付

宗像伝奇(ただくす)先生、突然のお便りにて失礼致します。

先生の「鉄の民俗史」に多大な関心を寄せております在野の者で御座いますが、先生に是非、東インドのコナーラクにお越し願いたく、これをしたためました。
……ここには13世紀に造られた太陽神スーリヤを祀る神殿がありますが、それは巨大な7頭の馬と24の車輪が壁面を飾っています。この巨大寺院は、それ自体が太陽神が馬車に乗り天空を駆ける様そのものなのです……そして、その車輪には鉄が打ち込まれ、何より、その背後の失われた数十メートルあったビルディングのような本堂には「鉄骨」が用いられていたのです。現在もその鉄骨が境内に残されているのです。50年ほど前には、イギリスの統治下に途絶えていた太陽神に捧げる妖艶にして感性豊かな「オリッシーダンス」も復活しています。
それから、多分、先生お好みの信仰もここにはあるのです。コナーラクの海沿いの漁村は貧しいのですが、子どもたちに名を訊ねると、彼等はみな「スーリヤ!」と答えます。彼等は皆、太陽の子(てだのふぁ)なのです。漁師の妻は毎朝、砂浜に彩色した美しい砂絵を描いては、出漁する夫の無事を祈るのです。
恐らく先生の琴線に触れる素晴らしい旅となることと思います。どうか、新しい御研究のために、ここコナーラクへ来られんことを――

2010年1月 NGOコナーラク再生プロジェクト 派遣員 藪野唯好

今夕、TBSの「THE世界遺産」2010年1月24日放送「コナーラクの太陽神寺院(インド)」を見ながら、これはもう宗像先生に来てもらわなくては、とわくわくして来たのだ。

星野之宣先生。

例えば……老考古学者の本堂復元……日本側スポンサーのリゾート開発思惑……青年漁師スーリヤと妻(勿論、先生の描くあの美形の)……砂絵……大津波……カタストロフ……しかし、スーリヤを祀る神殿が巨馬7頭の24の車輪を軋らせて(「ヤマタイカ」で大仏を動かされたように)、青年の舟に導かれてコナーラクの民を救って駆けるエンディング……

……なんてストーリーを、僕はもう、あなたの、あの絵のタッチで、そのテレビの画面の向こうに見てしまったのです……特に、漁に出る小舟の映像は、何故か涙が出るほど美しかったのです……

« ひとりだけの部屋 | トップページ | 耳嚢 一心の決處願ひ成就する事 »