フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 一心の決處願ひ成就する事 | トップページ | 耳嚢 異物又奇偶ある事 »

2010/01/26

耳嚢 名君世の助を捨給はざる事

「耳嚢」に「名君世の助を捨給はざる事」を収載。

 名君世の助を捨給はざる事

 有德院横風與(ふと)御考有て、夏の夕軒に群れ蚊を御近侍へ仰付られ、戻子(もぢ)の袋を拾へふり候て御取らせ被遊けるが、蚊もそれだけ少くありしに、右の蚊を御外科衆へ被仰付、膏藥にいたし吸膏藥に用ひ給ひしに、膿腦を吸ふ事に奇驗有しと安藤霜臺の語り給ひし故、予が許へ來る醫師に其事語りければ、都ての藥劑も道理を責て相用ひ候事多き也、明君の御賢慮難有事と答へぬ。

□やぶちゃん注

○前項連関:「一心の決處願ひ」が成就するのも、「名君世の助を捨給はざる」も、天道の道理故である。一貫して認められる根岸の畏敬する徳川吉宗の事蹟連関である。

・「戻子の袋」底本には「戻子」の「戻」の右に「(綟)」と注する。この「綟子」は「綟」(もじ)で、麻糸で織った目の粗い布を言う。蚊帳や夏季の衣服などに用いた。ここは一般的な麻袋をイメージすればよい。

・「御外科衆」将軍の診察および医薬を掌る職掌を奥医師と呼んだが(定員十数人で若年寄支配、高200俵に役料200俵が付いた)、医療パートは他に奥外科・鍼科などに分かれていた。奥医師が一種の臨床医・内科医的存在だとすれば、こちらは文字通り、実際的な施術を施す外科や皮膚科に相当するか。

・「吸膏藥」吸出し。蚊が血を吸うことからの類感呪術である。

・「膿腦」膿悩。腫物。腫瘍。

■やぶちゃん現代語訳

 名君は世の助けとなるものであればちょっとしたものであってもお捨てにはなられぬという事

 有徳院吉宗様、ある時、ふとお考えになられ、夏の夕暮れ、軒に群れて御座った蚊を、御近侍の者へ麻袋で捕らえるよう、仰せ付け遊ばされ、五月蠅い蚊もその分、少なくなったので御座ったが、外科の者たちに仰せ付けられ、この捕えた蚊を吸膏薬の原料に致し、調剤、それを実際に用いてみたところが、重い腫れ物を吸うに、極めて有効で御座った、と安藤霜台殿が語って御座ったことがある。そこで、それを私の許へ来る医師にも話したところが、

「全ての薬剤も道理の核心まで突き詰めて適用することが多いのですが、誠、君の御明晰なる御賢慮は測り難く、有り難きことにて御座りまするのう……」

と答えた。

« 耳嚢 一心の決處願ひ成就する事 | トップページ | 耳嚢 異物又奇偶ある事 »