フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之二 解毒の法可承置事 | トップページ | 芥川龍之介「上海游記」の「二十 徐家匯」の「十字聖架萬世瞻依」注訂正写真追加 »

2010/02/07

井上英作兄悼 又は ファイアー・ローズ

演劇部の合同公演に付き合い――うちは練習不足は否めぬものの、15分の軽いコントとしては及第点だ――いや、それにしても相手校の青年達の心の絆を描くオリジナル脚本「クリスマス・ローズ」の俳優達のテンションは美事であった。久しぶりに高校生らしい祝祭的演劇を見た気がする。君達の瞳に乾杯!――夜帰って、買い込んだ出来合いのイタリアンでワインを飲み、メールを整理し、一週間、入試やら何やらでぐだぐだになって、左耳も右手も不調、疲れが溜まっているから10時半過ぎには寝てしまった――ところが妙に切迫した夢――それはおぼろげな「誰か」の激しい「何か」の怒りの夢、そして未明の路上で僕の財布を奪おうとする男に対して激しい憤りの夢、そんな二つばかりを見て、その強盗の後姿に「ギエェ!!!」という怪物のようなうわ言を発した自分に驚いて――1時に目が覚めたのであった。心臓がいつになくひどくドキドキして、左の耳鳴りの鼓膜に鈍く響く。昼間の芝居のテンションのせいかとも思ったが、ニル・アドミラリの僕にしては如何にも不審であった――ここ数日、どうしてもやりたいテクスト作業が複数あったから、そのせいかとも思ったが、それにしてもこの拍動は妙だ――。メールを開くと、ある知人から「早いものです…」という題名が目に付いた瞬間、気がついた……そうか、もう、あの畏兄の自死から3年経っていたんだ……

井上兄――

一日遅れのファイアー・ローズ……雪よ、降れ! 血のような真っ赤な雪よ、おぞましき滑走路を埋め尽くせ!……

« 耳嚢 巻之二 解毒の法可承置事 | トップページ | 芥川龍之介「上海游記」の「二十 徐家匯」の「十字聖架萬世瞻依」注訂正写真追加 »