フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之二 信心に奇特ある事 | トップページ | やぶ爺じゃ 爺は感謝感激じゃ »

2010/02/15

53歳の誕生日 又は 耳嚢 巻之二 古物不思議に出る事

53歳の誕生日である。

その今日も何時に帰れるか分からない。いや、今週は死ぬことも許されない殺人的(?)な仕事の山である。糞食らえ。

「耳嚢 巻之二」に「古物不思議に出る事」を収載した。

53の誕生日に合わせたわけではないが――如何にもなイカさまの骨董譚――助動詞「べらなり」――賞味期限切れのハッタリ国語教師の僕には相応しい一本である。受験生の諸君は序でに「べらなり」を学んでおけ。少しはためになるように例など挙げて注を作っておいた。

 古物不思議に出る事

 

 黒田豐前守老職たりし時、上野へ參詣の折から古き道具見世にありし琴を輿中(よちう)より見給ひて、殊に古物と目利(めきき)ありて、歸宅のうへ早々人を遣し買調ひ改め被申しに、何れより拂ひに出しものや、琴の澤に赤銅(しやくどう)の蟹をひしと彫付ありし故、その細工は凡ならざるを以、彫物師を呼て目利有しに、後藤家の古彫にて、甲を放し見られければ、琴の海に山下水の流るべらなりと筆太に貫之の手にて書有し。依之、有德院樣へ獻上ありければ、則山下水と召れ、御重寶に被成ける由。其折から、御前伺候の面々、貫之の歌ながら、べら也とはおかしきてにおはと申しければ、其節御小姓を勤仕(ごんし)ありし田沼主殿頭(とのものかみ)【此主殿頭は當時老職勤仕ある主殿意次公の父也】申けるは、べらなりといへるてにおは數多有と、古き歌數十首を證歌として言上有ければ、上にも其堪能を感じ思召けると也。安藤霜臺の物語なり。

 

□やぶちゃん注

○前項連関:音楽神弁財天から琴で連関。

・「黒田豐前守」黒田直邦(寛文61667)年~享保201735)年)。常陸下館藩主・上野沼田藩初代藩主。延宝81680)年、徳川徳松(五代将軍綱吉長男であったが5歳で夭折)の側近として仕え、後、小納戸役や小姓を経て、元禄131700)年、1万石の大名に列した。元禄161703)年に常陸下館に封ぜられて、享保81723)年に奏者番、寺社奉行兼任。享保171732)年、沼田へ移封、老中となった。名君として賞賛され、享保201735)年現職のまま没した(主にウィキの「黒田直邦」を参照した)。

・「老職」老中。

・「上野」寛永寺。徳川家菩提寺として、将軍家はもとより、諸大名の帰依も厚かった。

・「琴の澤」私の妻は四十数年琴を弾いてきたが、このような呼称はない、という。「磯」ならば琴の側面の部分(弾く際の手前の側面や向こう側の呼称)を言う。飾りとして蟹が配されるには「磯」ならば、確かに相応しい。「向うの磯」で訳した。

・「赤銅」銅に金及び銀を少量加えた銅合金。熱処理によって美しい黒紫色を発する。

・「後藤家」岩波版の長谷川氏の注によれば、『室町時代の後藤祐乗を祖とする、刀剣金物の装飾を彫る業の家』系という。ウィキの「後藤祐乗」によれば、後藤祐乗(ゆうじょう 永享121440)年~永正9(1512)年)は美濃国生、装剣金工の後藤家の祖。『室町幕府8代将軍足利義政の側近として仕えたが、それを辞して装剣金工に転じたと伝えられる。義政の御用をつとめ、近江国坂本に領地300町を与えられた』。『作品は、小柄(こづか)、笄(こうがい)、目貫(めぬき)の三所物(みところもの)が主で、金や赤銅の地金(じがね)に龍・獅子などの文様を絵師狩野元信の下絵により高肉彫で表したものが多い。祐乗の彫刻は刀装具という一定の規格のなかで、細緻な文様を施し装飾効果をあげるというもので、以後17代にわたる後藤家だけでなく、江戸時代における金工にも大きな影響を与えた』とある。

・「甲」琴木部本体の上面を言う。龍甲(琴自体が龍を象ることから)。

・「琴の海」やはり、このような呼び方を妻は聞いたことがないという。ただ、側面を「磯」とすれば、甲を外した本体内部をそのように呼んだとして、自然ではある。和歌が記されていたのが甲の裏側でないとは言えないが、「海」という表現から「内底」と訳しておいた。

 

・「山下水の流るべらなり」これは「後撰和歌集」巻第四・夏の部に載る紀貫之の和歌のことを指している。但し歌句が異なる。

      夏の夜、深養父が琴を弾くを聞きて

   短か夜の更けゆくまゝに高砂の峰の松風吹くかとぞ聞く

                       藤原兼輔朝臣

に続いて、

      おなじ心を

   あしひきの山下水は行きかよひ琴の音にさへながるべらなり

                          紀貫之

とあるもの。友人の清原深養父(清少納言の祖父)の元に遊んだ友人藤原兼輔と貫之が深養父の琴の音(ね)に唱和した和歌である。

○やぶちゃん通釈:

山から滴るわずかな流れのような目立たぬ私――そんな私でも――あなたの琴の音に心の琴線が共鳴致し、山下水が自然に流れるように、自然、泣かれてくるようで御座います……。

・「べらなり」は特殊な助動詞(形容動詞ナリ活用型)。推量の助動詞「べし」の語幹「べ」に接尾語「ら」と「に」が付いた「べらにあり」の短縮形である。活用は、

 ○   未然形

べらに  連用形

べらなり 終止形

べらなる 連体形

べらなれ 已然形

 ○   命令形

で、接続は「べし」と同じであるから、活用語の終止形接続。但し、ラ変型には連体形接続。意味は、推量の意味だけで、「確かに……のようだ、……の様子である。」の意であるが、平安時代、特に古今集成立前後に男性の間で、主に歌語として流行したが、その後は擬古的な和歌で稀に用いられた程度で、忘れられた語法と言える。以下に用例を示す。

「古歌(ふるうた)に、『数は足でぞ帰るべらなる』といふことをおもひ出でて」(「土佐日記」一月十一日の条)

 :昔の歌に、「雁は連れ合いを失って数足りぬまま、北へと帰っていくようだ」とある文句を思い出して。

[補注:新潮日本古典集成頭注に、『「北へ行く雁ぞ鳴くなる連れて来し数は足でぞ帰るべらなる」(『古今集』覉旅、よみびと知らず)。左注「この歌は、ある人、男女もろともに人の国へまかりけり、男女もろともに人の国へまかりけり、男、まかりいたりてすなはちみまかりにければ、女ひとり京へ帰る道に、雁の鳴きけるを聞きてよめる、となむいふ」。』とある。]

「桂川わが心にもかよはねどおなじ深さにながるべらなり」(「土佐日記」二月十六日の条)

 :とうとうたる、かの桂川――あの川が私の心に流れてきて通じ合うというわけでは、勿論、ないのだが――でも、この私が深く都を懐かしく思う気持ちと同じように――あの桂川も深く水を湛え、流れているのであろう……。

「春のきる霞の衣ぬきを薄み山風にこそ乱るべらなれ 在原行平朝臣」(「古今和歌集」春歌上)

 :春という季節――それが着ている軽やかな霞の衣――その衣は横糸が薄い――だから、山風が吹くと、たちまちのうちに乱れてしまいそう……。

「秋の夜の月の光し明かければくらふの山も越えぬべら也 在原元方」(「古今和歌集」秋歌上)

 :秋の夜――月の光が殊の外、明るい――だからきっと、その名にし負う暗部山でさえも、楽々と超えて行けるであろう……。

[補注:「くらふの山」は実在地名と思われるが不詳。一説に鞍馬山の古名とも。]

「不知(しら)ヌ茸(たけ)ト思スベラニ、独リ迷ヒ給フ也ケリ。」(「今昔物語集」二八巻「比叡山横河僧酔茸誦経語第十九」)

 :(比叡の峰にお住まい乍ら、)おそらくは(その峰も茸も)知らない嶽(茸)と思いになられたようで、独り、お迷いなさったので御座った。

[補注:これは毒茸を食した比叡山の僧坊の主僧が激しい中毒に罹り、さる導師が祈禱をしたが、その祈禱の末尾にいやしく多量の毒茸を食った僧への滑稽な教化の言葉を添えた笑話で、これはその中毒僧を慇懃無礼に揶揄した核心部分。「茸」(たけ)に比叡山の「嶽」(たけ)を掛けてある。]

「天地の清きなかより生れ来てもとのすみかに帰るべらなり 北条氏照」

 :清き天地の中より生まれ来て――汚濁の満ちた世の穢れ、そいつをさっぱり拭い去り――元の住処に帰るらんとする――。

[補注:これは比較的新しい用例の例となる。北条氏照(天文9(1540)年~天正181590)年)は戦国・安土桃山時代の武将。後北条氏。武蔵滝山(現・八王子)城主。小田原の陣で小田原城に籠城して徹底抗戦、降伏後、豊臣秀吉から切腹を命じられて自刃した。これは、その際の辞世である。]

 

・「貫之」紀貫之(貞観8(866)年又は貞観14872)年頃~天慶8(945)年?)。三十六歌仙の一で、「古今和歌集」の編者の一人。それにしても、この古物、如何にも嘘臭い、臭過ぎると言ってよい。

・「有德院」八代将軍徳川吉宗(貞享元(1684)年~寛延4(1751)年)の諡(おく)り名。

・「てにおは」はママ。

・「御小姓」武家の職名。扈従に由来する。江戸幕府にあっては若年寄配下で将軍身辺の雑用・警護を務めた。藩主付の者もこう称した。

・「田沼主殿頭」田沼意行(おきゆき 又は もとゆき 貞享3(1686)年~享保191735)年)以下、ウィキの「田沼意行」より引用する。『紀州藩の足軽の子。父義房(意房とも)は病にかかり、紀州藩の禄を離れて和歌山城下で静養することになったため、子の意行は田代七右衛門高近(紀州藩家臣)に養われることとなり、その娘婿となった。紀州藩に仕官したが、享保1年(1716年)に徳川吉宗が将軍に就任した際に、吉宗に小姓として召されて、幕府旗本に列した。6月、将軍の小姓となり、300俵を受けた。享保4年(1719年)7月27日にのちに幕府老中となる田沼意次を生む。享保9年(1724年)11月に従五位下主殿頭に叙任し、享保18年(1733年)9月には300石を与えられて、これまで支給されていた切米も石高に改められて、相模国高座大住郡に600石を賜った』。「主殿頭」は本来は律令制の宮内省に属した主殿寮(とのもりょう)の長官で、宮中の清掃・灯燭・薪炭管理、行幸の際に用いる牛車・輿、調度を司った役所であるが、勿論、ここでは単なる名目位官名。

・「主殿意次」享保4(1719)年~天明8(1788)年)遠江相良(さがら)城主。第十代将軍徳川家治の側用人から老中となり、後に田沼時代と呼ばれる権勢を握った。赤字に陥った幕府財政を改善するために重商主義による急激な改革を行ったが、保守勢力の反撥に加えて賄賂が横行、批判が高まり、天明6(1786)年8月に家治の死去と同時に完全に失脚した。「耳嚢」の執筆の着手は根岸の佐渡奉行在任中の天明5(1785)年頃に始まり、「卷之二」の下限は天明6(1786)年までであるから、本話は正に田沼時代の終焉が誰の目にも明らかであった頃のもので、そうした凋落への一種のオマージュとして挙げられたものなのかも知れない(それが皮肉なものか素直なものかは定かではない)。

・「安藤霜臺」(正徳4(1714)年~寛政4(1792)年)安藤郷右衛門(ごうえもん)惟要(これとし)。作事奉行・田安家家老・勘定奉行・大目付等を歴任している。「霜臺」とは弾正台の中国名で、本来は律令下の監察・警察機構を言ったが、戦国時代以降、多くの武家が武勇を示すその呼称を好み、自ら弾正家を呼称した。惟要は弾正少弼を称していたために、後輩友人である筆者は敬意を込めてこう称しているものと思われる。「卷之一」にもしばしば登場した、「耳嚢」の重要な情報源の一人。

 

 

■やぶちゃん現代語訳

 

 骨董に不思議な発見のある事

 

 黒田豊前守直邦殿が老中職にあった頃の話。

 黒田殿が上野寛永寺に参詣の折り、沿道の古道具屋の店先に置かれて御座った琴を、御輿の中よりご覧になられ、これはいわくある時代物の琴、と目利きなさり、御帰宅早々、人を遣わして買い求めさせなさった。

 運ばれてきた琴を仔細にご覧になられたところ、如何なる名家より払い出されたものか、琴の向うの磯に、赤銅にて彫せられた美事な蟹が一匹、しっかりと据えつけられて御座った。その細工たるや、並の者の手になるものとは思われる故、知れる彫物師を呼び目利きさせたところ、金物細工の名匠で知られる後藤家の手になる、古い彫物に間違いなしとのことであった。

 更に甲を外してみたところ、琴の内底には、

   山下水の流るべらなり

と、墨痕鮮やかに、何と、かの紀貫之の手跡で記されて御座った。

 余りの逸品で御座ったれば、黒田殿、有徳院吉宗様にこれを献上致いたが、上様は即座に「山下水」という銘をお付けになられ、御重宝(じゅうほう)にされたということである。 

 また、その折りのこと、御前に連なった面々が、

「……いや、それにしても、貫之の歌とは申せ……『べらなり』と云うは、如何にも聞いたこともない、可笑しなもの謂い――。」

と難癖をつけたところ、丁度、その当時御小姓として勤仕致いて御座った田沼主殿頭意行(とのものか(おきゆき)殿[根岸注:この主殿頭殿とは現在老中職にある田沼意次公の御父上であられる。]が、

「いえ、『べらなり』と云うは、多く用例が御座います。――」

と、古歌数十首を立板に水する如、証歌として言上申し上げたので、上様もその堪能振りには、殊の外、御満悦であられた、ということである。

 安藤霜台惟要(これとし)殿の物語である。

« 耳嚢 巻之二 信心に奇特ある事 | トップページ | やぶ爺じゃ 爺は感謝感激じゃ »