フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之二 藝道上手心取の事 | トップページ | 耳嚢 巻之二 正直に加護ある事 附豪家其氣性の事 »

2010/02/18

ハーレムと巨大ザリガニと「雨月物語」

ネタリナイノニネムレナイ――ダカラヘンナ夢ヲミタ――

少年少女を侍らせて、自身は何も語らぬ教祖的芸術家(であるが何を作っているのかも定かではない)の元を友人のHに連れられて訪れる。

少年や少女は人懐こく、僕は浦島太郎のようにそこでいろいろなことを教えて(というより、ある言葉を示して黙示する)日がな一日優雅に暮らす。

家の裏手は急峻な崖となり、北から南へ蛇行した丁度その角が淵となっている。ふと、そこを覗くと、体長5メートルを超える巨大なアメリカザリガニがうようよ泳いでいる。振り返るといつも居る教祖がいない(このシチュエーションは教祖は淵の化け物であるという暗示かも知れない)。

僕の横にはアメリカザリガニの大嫌いなSが居る(彼が少年少女のハーレム染みたところに居るのは自然である)ので、僕は少年にかつてサルバドール・ダリの電話のダイアル機の上にロブスターが載った彫刻写真をガラス張りのテーブルの下に仕組んでSを恐怖させたこと(これは20数年前の事実である)を語って面白がる。しかし、Sは本物の巨大ザリガニに顔面蒼白である。

気がつくと、何日も絶っている。明日は山岳部のOBと山ではないか!(これは実際に3月に予定されている)

少年少女に別れを告げる。僕は先に教祖がくれた上田秋成の「雨月物語」の袖珍本を手にして出る(これは数年前、忘れられた磯子の古本屋で手に入れた五十年以上も前のものである)。しかしこの本、気がつくと前半分だけで後がない。

僕はあせりながら駅までの道を急ぐ。公衆トイレに入るが込んでいる上に、出ようとすると自動扉が開かない。僕はガラスを突き破って進む。

歩きながら、

「もう、家に帰っていては間に合わないな――よし、この着の身着のまま、革靴で山に登るしかない!」

と思う……トコロデ目ガ醒メタ〔覚醒時刻 今朝 4:44〕

« 耳嚢 巻之二 藝道上手心取の事 | トップページ | 耳嚢 巻之二 正直に加護ある事 附豪家其氣性の事 »