フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之二 實心可感事 | トップページ | 耳嚢 巻之二 兵庫屋彌兵衞松屋四郎兵衞起立の事 »

2010/03/01

生徒諸君に寄せる 宮澤賢治 又は 今日卒業する僕の君らへ

   生徒諸君に寄せる   宮澤賢治

この四ケ年が
    わたくしにどんなに樂しかつたか
わたくしは毎日を
    鳥のやうに教室でうたつてくらした
誓つて云ふが
    わたくしはこの仕事で
    疲れをおぼえたことはない

   (彼等はみんなわれらを去つた。
    彼等にはよい遺傳と育ち
    あらゆる設備と休養と
    茲には汗と吹雪のひまの
    歪んだ時間と粗野な手引があるだけだ
    彼等は百の速力をもち
    われらは十の力を有たぬ
    何がわれらをこの暗みから救ふのか
    あらゆる勞れと惱みを燃やせ
    すべてのねがひの形を變へよ)

新しい風のやうに爽やかな星雲のやうに
透明に愉快な明日は來る
諸君よ紺いろした北上山地のある稜は
速かにその形を變じやう
野原の草は俄かに丈を倍加しやう
あらたな樹木や花の群落が
あらたな樹木や花の群落が
あらたな樹木や花の群落が
あらたな樹木や花の群落が
あらたな樹木や花の群落が
あらたな樹木や花の群落が

 諸君よ 紺いろの地平線が膨らみ高まるときに
 諸君はその中に沒することを欲するか
 じつに諸君は此の地平線に於ける
 あらゆる形の山嶽でなければならぬ

サキノハカといふ黑い花といつしよに
革命がやがてやつて來る
それは一つの送られた光線であり
決せられた南の風である、
諸君はこの時代に強ひられ率ひられて
奴隸のやうに忍從することを欲するか
むしろ諸君よ 更にあらたな正しい時代をつくれ
宙宇は絶えずわれらに依つて變化する
潮風や風、
あらゆる自然の力を用ひ盡すことから一足進んで
諸君は新たな自然を形成するのに努めなばならぬ

新しい時代のコペルニクスよ
餘りに重苦しい重力の法則から
この銀河系を解き放て

新しい時代のダーヴヰンよ
更に東洋風靜觀のチヤレンジヤーに載って
銀河系空間の外にも至つて
更にも透明に深く正しい地史と
増訂された生物學をわれらに示せ

衝動のやうにさへ行われる
すべての農業勞働を
冷く透明な解析によつて
その藍いろの影といつしよに
舞踏の範圍にまで高めよ

素質ある諸君はただにこれらを刻み出すべきである
おほよそ統計に從はば
諸君のなかには少なくとも百人の天才がなければならぬ

新たな詩人よ
嵐から雲から光から
新たな透明なエネルギーを得て
人と地球にとるべき形を暗示せよ
 
新たな時代のマルクスよ
これらの盲目な衝動から動く世界を
素晴らしく美しい構成に變へよ

諸君この颯爽たる
諸君の未來圈から吹いて來る
透明な清潔な風を感じないのか

今日の歴史や地史の資料からのみ論ずるならば
われらの祖先乃至はわれらに至るまで
すべての信仰や特性はただ誤解から生じたとさへ見へ
しかも科學はいまだに暗く
われらに自殺と自棄のみをしか保證せぬ。

誰が誰よりどうだとか
誰の仕事がどうしたとか
そんなことを言つてゐるひまがあるのか
さあわれわれは一つになって……

« 耳嚢 巻之二 實心可感事 | トップページ | 耳嚢 巻之二 兵庫屋彌兵衞松屋四郎兵衞起立の事 »