フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 僕の脳 MRI縦断画像 | トップページ | 僕の脳 MRI横断画像Ⅲ »

2010/04/09

僕の脳 MRI横断画像Ⅱ

先週の土曜日、義理の母を見舞った名古屋で、義父と酒を飲んでいる最中、激しい眩暈に襲われ立っていられなくなった。酔ったことにして先に横になって、誤魔化した。

翌日は義母と一緒に半日、家内にいたので、問題はなかった。歩くのに支障はなく、帰鎌後の今週の月曜に耳鼻科で診察をしてもらうと眼振が見られた。今までに見られない症状であったが、「内耳性のものとは思われますが……他に何か言葉が出ないとか……ありませんか?」という、医師の語尾の「が……とか……」が妙に気になった。

眩暈の改善薬はもらったものの――これは以前にも処方してもらったが、はっきり言って、効かない。眩暈の処方箋は所詮、効かない薬が多いのである。何故なら眩暈の本質は多分に心理的神経症的なものであるからである――今日まで変化はなく、とりわけ、左耳の耳鳴りがこの二日ほどひどく、昨夜はそれで1時頃に目覚めてしまった。

――更に昨日辺りから、時々、授業の途中に言葉が詰るような……「気がした」。

……今、考えてみれば、春休みで暫く授業をしておらず、突然、3年で「藪の中」の4クラスの朗読から、2時間連続を含む「竹取物語」ぶっ通しの講義3クラスなればこそ、疲れて詰ってもおかしくはなかったのだ……

――しかし、今日は流石に気になった。

……思い出せないわけではない……が、言葉が思うように出ない……「ような気がした」。

今日、総ての授業後に、意を決して休みをとり、職場近くの脳外科を受診、生まれて初めてMRIを撮った。

――これが「僕の脳」だ――

Mri2

よく見て頂こう。この一番左は面白い。

右上(反転しているので左眼窩下部)だけに薄い半円形の灰色――実際のデジタル画像ではくっきりとした強烈な白で現れた――が現れている。これは上気道炎である。但し、やや張れている程度で病的なものではないと医師は言った。――しかし僕には、これが、僕の左のエウスタキオ管を圧迫しているのであろうという確信を持たせた。

僕は初めて僕の耳鳴りの張本人を僕自身の目で見た気がした――。

« 僕の脳 MRI縦断画像 | トップページ | 僕の脳 MRI横断画像Ⅲ »