フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之二 いわれざる事なして禍を招く事 | トップページ | 耳嚢 巻之二 村井何某祖母武勇の事 »

2010/04/05

北海道の一少年夢を盗みて右大臣に登る事

富良野の純が更正し、志木那島のDr,コトーになったと歓喜していたら、今度は「チックタック計画」の日本人時間航行士となって吉備真備になりおった――この皮肉は――しかし、概ね私の好きな吉岡君自身の罪ではない――そもそも一人の少年純の成長を「北の国から」というドラマとして擬似的に体験することによって、

純=俳優吉岡秀隆

という図式に加え、

純=俳優吉岡秀隆=擬似的実子

としての意識を付与させてしまい、視聴者自身が擬似的親と化し、不肖の息子を不肖のままに不良の大人にするか、内心失望するしかない愚息とするしかなかった実際の大多数の親が、自己の願望通りに成長した「純」だけを求めようとする――その欲求を知っているシナリオ・ライターやプロデューサーは、

純=俳優吉岡秀隆=擬似的実子=真心を持った医師としてし成長した「純」

という等式を意識的に設定し、等身大の俳優吉岡秀隆にそれを求めるというフィード・バックを行う。その構造には誰もが皆、気づいている――気づいていながら、その当然の予定調和によって得られる快感を我々は拒否出来ない。それほどに「北の国から」という擬似家族効果は絶大であったのだ。その連鎖は遂に、純を「チックタック計画」の日本人時間航行士とし、あのアリゾナ砂漠の地下深くに建設されたタイム・トンネルを抜けさせて、

純=俳優吉岡秀隆=擬似的実子=真心を持った医師としてし成長した「純」=誠心を以って民と国家を救った吉備真備としての「純」

という不可能を可能とした。現代の脆弱な少年が上古の宰相となる典型的な貴種流離譚がここに出来上がったのである。

俳優としての吉岡君が僕は好きだ。

擬似的兄としての僕側の意識も払拭は出来ない。

しかし、俳優としての彼にとって、僕は今の彼の仕事の状況を幾分かは不幸と思う。彼自身がそれを一番痛感しているであろう(その点、「蛍」の方は比較的早くそれを脱却し得た。が、それが俳優中嶋朋子が蛍としての印象で捉えられることを嫌がっている――素のインタビューでは実際にそうであったと感じられる印象が強い――というゴシップとして広がった分、彼女中嶋朋子の魅力は――私には――なくなったと言ってよい。これは「Dr,コトー診療所」の柴崎コウの与那国ロケ忌避のゴシップと全く同様である。あの一件によって僕は後埋めのキャラクターであった蒼井優が大好きになったのである。そこはこうした俳優たちの噂の宿命であり、恐さでもある。しかし、彼女(中嶋朋子)は俳優としては抜群にうまい部類に属す。向後の活躍を期待する)。

純は不純にならねばならぬ――

キビノマキビはやめてミチニマキビシでなくてはならぬ――

視聴者やプロデューサーの利己的な夢を買ってはならぬ――

今、富良野塾が解散するというのも、一つの啓示でもあるのかも知れぬ――

吉岡君よ、昨夜の夢に立ち戻って――

与那国島の美しい沿岸舗装道路ではなく、原生林に続く富良野の雪積もった山道を行く夢を――

もう一度敢えて選んでみるのも、君の俳優という人生行路の「健康」には必要なことであるように思われる――。

« 耳嚢 巻之二 いわれざる事なして禍を招く事 | トップページ | 耳嚢 巻之二 村井何某祖母武勇の事 »