フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「心」第(六十九)回 ♡やぶちゃんの摑み メーキング映像 | トップページ | 『東京朝日新聞』大正3(1914)年6月12日(金曜日)掲載 夏目漱石作「心」「先生の遺書」第五十一回 »

2010/06/11

芥川龍之介 或夜の感想 (「侏儒の言葉」エンディング)

 眠りは死よりも愉快である。少くとも容易には違ひあるまい。 (昭和改元の第二日)

もう直き、河童忌がやってくる――

――僕は文」で「私」を秘かに芥川龍之介に擬えた。芥川は漱石の最後期の弟子と言って好い。

――漱石が危惧していたのは、国民が富国強兵へと傾斜して行く近未来の日本という国家の行く末と変貌、そしてその日本人の「心」の変容にあった。その問いかけが「心」という小説ではなかったか?

――漱石のエゴイズムというテーマを忠実に引き継いだ芥川龍之介は、それから13年後の、この7月24日に自死する。遺書の一変種である「或旧友に送る手記」に示された「ぼんやりとした不安」の一つが、既にして大陸侵略と太平洋戦争へと突入しようとする日本という国家の行く末と変貌、そしてその日本人の「心」の変容にあったことは言を俟たない。

――この言葉の最後の一言は――

――どこか――

――Kの言葉のようでも、ある、ではないか……

« 「心」第(六十九)回 ♡やぶちゃんの摑み メーキング映像 | トップページ | 『東京朝日新聞』大正3(1914)年6月12日(金曜日)掲載 夏目漱石作「心」「先生の遺書」第五十一回 »