フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« シリエトク日記15 知床ニテ北方領土問題ヲ考ヘシ語十五 | トップページ | 不幸な整髪料と不幸なオーデコロン »

2010/08/15

シリエトク日記16 最終回 メモそして帰鎌

《メモ》
お薦めの店はウトロで2回も入ったバスターミナル前の料理屋「一休屋」。
生まれて初めて食った(僕はこの手の丼は手荒でお洒落じゃない印象を持っており実は食ったことがなかった)ウニとイクラの二色丼が高いが美味い。
来店した有名人の色紙がごっそり飾られている中に1989年の黒澤明と寺尾聡の二枚が眼に入った。
――「夢」のゴッホのロケの時か!――
2回目は男山の冷酒で大ツブの刺身にフンメを頂く。これは安くて且つ美味。
何故、二度も行ったか?
味もさることながら飾られている妻の好きなフクロウの木彫が、これまた痛く気に入ったからであった。
店の人に訊いて、ホテル知床に店舗を持つ夢民(むーみん)さんという彫刻師の作品とのこと(一休屋のものには台の裏側に「石作」とクレジットされていた。何でもこれは店の主人の庭の木を切り倒した、それを素材にして彫ったこの店へのプレゼントだそうである。必見!)。
結局、ご本人には逢えなかったものの(プリンスからホテル知床は600m程離れており、妻の足ではシンドイと判断した。その程度には今の妻の足は悪い)、4日の日にウトロの「道の駅」の売店で夢民さん作の数体のフクロウを発見、目出度く購入の運びとなり、今は家のテレビの前に鎮座している。

8月5日(木)

網走で「北海道立北方民族博物館」を見学。
ちょっと駅から遠いけど、お薦め。
その縄文風土器は、縄を押し当てた本土の縄文土器と同じもの以外に、お洒落にも繩状に縒った土を立体的に飾りにつけて焼いているのだ!
(頼んだら若い女性ガイドが館内を一緒に案内して説明してくれた。勿論、私たち二人だけのためにである。無料である。北方民族が使用する実物のテントや服
の生地や土器の本物も触らせてくれた)
このオホーツク文化を荷ったハイ・センスなオホーツク人は、何故、忽然と姿を消したのか? それさえ未だに謎なのだ! ドキドキワクワクしてきた!

網走駅前にある網走監獄に入所。囚人番号201085――画像をクリックして拡大して見て――囚人の顔の背後に、ほら「網走」駅!

Syuujinnbanngou2010805_2

夕刻、帰鎌。

帰ったら以前からの脊髄の神経狭窄のために、僕の母は殆んど歩けなくなっていた。
これからは毎朝のアリスの散歩と週に一度の山用リュックでの買物が僕の仕事となった。

父も最近、少し足が不自由になって来た。妻は御承知の通り、杖なしには歩行出来ないし、階段の上りは一段でもキツい。

――されば僕はある決断をしたのだが――それは今、ここでは書かないことにする――

« シリエトク日記15 知床ニテ北方領土問題ヲ考ヘシ語十五 | トップページ | 不幸な整髪料と不幸なオーデコロン »