フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 耳嚢 巻之三 神明淳直を基とし給ふ事 | トップページ | 芥川龍之介が永遠に最愛の「越し人」片山廣子に逢った――その最後の日を同定する試み »

2010/08/29

ぼく、失ぼうしちゃったな…………

人るいを何度も皆ごろしにしちゃうだけの、リトルボーイやファットマンやオネストジョンやマーヴなんていうすごい兵器をたくさん持ってるのに、アメリカはチリのこう山にとじこめられた人たちのためには、宇ちゅうで生きてゆく方ほうを教えてあげるだけなんだね。アメリカってケチだね。昔、アメリカはあそこのチリで、すき勝手なこと、いっぱいして、たくさんの人がしょ刑されるのを手伝ってたんだから、せめてさ、へなちょこ兵器しかないんだったら、オバマさんは国さいきゅう助隊にでん話して、うちではできませんからどうかジェット・モグラ(ほんとはモールっていうんだよ。ぼくだって3台持ってるんだ。プラモデルだけど)をだしてきゅう出してくださいってたのめばいいんだよ。ぼくたちの国だってさ、ほら、くろさわ明のおじさんの「用心ぼう」にでてた、しゅくば町のヤクザのオヤブンみたいなとっても人そうの悪いおじさんと、市民うんどうとかいうのでがんばってたころにはやさしいおにいちゃんだったおじさんとがさ、ぼくたちのことなんか無ししてけん力とう争とかいうよくわかんないことやってないでさ、科とく隊のペルシダーやウルトラけいび隊のマグマライザーの出動命れいを出せばいいんだよ(ぼくは形からいうとペルシダーの方がゼッタイいいな。マグマライザーはあんなしょぼいドリルでなんであんな大きなもんが地面の中に入っていけるのかよくわかんないんだもん)。そしたら、びゅうーんって地下700メートルなんかあっという間さ。そうしたらかんのおじさんのこと、だんぜん、そん敬しちゃうのになあ。そうしてくれたら、人そう悪いおじさんだって、お金のきたないことしたのも、さい判にかけないで、ゆるしてあげたくなるんだけどなあ(ぎゃくにいうとそう理大じんになったって悪いやつは悪いんだからさい判するのは、あたりまえなんじゃないのかなあ。ぼくはバカなのかな。テレビじゃみんなさい判からにげるために出ばしてるんだっていってるんだけどさ。こういうのを大人の言葉でいうと「本末転とう」っていうのかな?)。ぼく、何もかにも失ぼうしちゃったな…………(やぶ野直史)

« 耳嚢 巻之三 神明淳直を基とし給ふ事 | トップページ | 芥川龍之介が永遠に最愛の「越し人」片山廣子に逢った――その最後の日を同定する試み »