フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 蝉‐耳鳴ノイズ・キャンセリング効果 | トップページ | シリエトク日記5 羅臼の蕎麦屋にて僻地過疎化を痛感せる事 »

2010/08/11

シリエトク日記4 シリエトクの山から下りてきたのはヒグマではなく金髪の美女だった

8月2日(月)

ホテル「地の涯」の朝。ホテルの前の渓谷に天然の無料温泉があるので散歩した。僕の前で地元の小学生の姉妹がすっぽんぽんになって入って行く。――如何にもよい。――健康的で、潔くって、見ている私にさえ一抹のいやらしい気持ちも生まれない。――

そこを過ぎて渓谷の奥に向かう。――「ヒグマ注意! 立ち入り禁止!」の立札を過ぎる。――滝がある。――その手前にもまた「ヒグマ注意! 立ち入り禁止!」の札がある。ここから先は知床の原生林だ。――滝壺に向かう道も先細りになっている。――

Tinohatetaki

引き返した。――と――背後から足音がした――ドッキっとして振り返る――とその先細りの滝から妙齢の女性が現れた!――思わず「高野聖」を思い出した――しかし、鏡花好みでないだろう――何故なら、彼女は二十代の金髪の異国人の女性だったからである。――

立ち止まっている僕のところへ来ると、彼女は

「ラウスダケ?」

と聞いてきた。――私は先導してホテルの裏側の羅臼岳への登山口を教えてやった。――

「アリガト。」

と言いながら、彼女は仏さまを拝むように両手を合わせて、僕にお辞儀をしたのだった。……いや、やっぱ「高野聖」だわ……

彼女には翌日の昼、羅臼からウトロへ戻るバスに、知床峠から乗ってくるのにまた出逢った。……この娘、一体、どこをどう歩いてここにいるのか?……やっぱほんと「高野聖」だわ……

彼女の方は残念ながら僕には気づかなかったのだが、彼女が運転手に「ダンケシェーン」と口にするのが耳に入った。――

……そうか、僕はドイツ語訳の“Kouyahijiri”の世界に迷い込んでいたんだな……と……思わず、僕は自分の腕をさすってみた……毛が生えてヒグマされていはしまいかと、ね……

« 蝉‐耳鳴ノイズ・キャンセリング効果 | トップページ | シリエトク日記5 羅臼の蕎麦屋にて僻地過疎化を痛感せる事 »