フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« シリエトク日記5 羅臼の蕎麦屋にて僻地過疎化を痛感せる事 | トップページ | 耳嚢 巻之三 奇物を得て富みし事 »

2010/08/11

シリエトク日記6 ホエール・ウオッチングであわや拿捕

8月3日(火)

羅臼の宿が企画しているホエール・ウオッチングに出かける。宿泊客であったのと、妻が杖をついているために操舵室の直近の座席を確保してくれる。

国後が見える。昨日、知床峠から始めてみた瞬間……「これが、ロシア?」……という違和感がまず働いていた――小型クルーザーでずんずん進む――ますますその感がいや増してくるぞ。――

――案内の漁師が、マッコウクジラを発見して叫ぶ!

「12時! 1.8キロ!」

盛んに潮を吹いているのが肉眼でも視認出来る――エンジン全開! もうシルエットじゃない緑の国後の景色が双眼鏡の中に見えた。――ずんずん進む!――

「もう、800メートルも進んだら……越えちまう!」

と操舵手が舌打ちした。――場所が場所だから操舵室のGPSの大きな緑の画面が見えた。国後と知床の間――そのど真ん中に我々の船がいることが点滅するその画面から分かった――クジラか拿捕か!――エンジン・ストップ――その瞬間――

――僕の双眼鏡は、そのど真ん中にはっきりと最後の潜水のために尾鰭を水面高く跳ね上げたマッコウクジラの尾を捉えた――

先年、アイスランドまで行って見れなかったマッコウに出逢えた――

おまけに北方領土の政治的スリリングさも添えてだ――

与那国でけぶるかすかな台湾を見た時きゃ、こりゃ、外国だと思った……しかし、国後、こりゃあね、確かに日本だぜ……

Kunasiri

« シリエトク日記5 羅臼の蕎麦屋にて僻地過疎化を痛感せる事 | トップページ | 耳嚢 巻之三 奇物を得て富みし事 »