フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 朝日新聞連載 夏目漱石『心 先生の遺書(五十五)~ (百十)――(単行本「こゝろ」「上 先生と私」相当パート) 附♡やぶちゃんの摑み | トップページ | 芥川龍之介 彼 附やぶちゃん注 »

2010/08/11

やぶちゃん版鈴木しづ子句集(旧「鈴木しづ子句集」改訂増補版) 抄出217句

「心」で弾けた序でに、かねてから気になっていた『やぶちゃん版鈴木しづ子句集(旧「鈴木しづ子句集」改訂増補版) 抄出217句』を『公開』した。

言っておくが、これはリニューアルではなく、厳密に校訂した新版である旧の杜撰なバージョンを保存されている方は、必ず破棄し、こちらをダウンロードされるようお願いする。詳細は旧ブログの記載をお読み頂きたいが、ずっと気になっていた。――僕のHPの中で唯一、HP作製初期の杜撰なテクスト・ページのまま、他人の引用の孫引きコピー・ペースト・ハイブリッドアウトローなままに5年もの間、放置してあったのがこれであった。……アウトローであることが……しづ子さんらしくていいか……なんどと勝手に自分で自分を誤魔化して来たが、もう、いけない。――俄然、この数日間、燃えに燃えて、僕自身の完全なしづ子の俳句縦覧と再検討・再構成を試みた結果である。旧バージョン掲載句は一つ残らず載っているが、それに僕の好みの句を更に追加し、総てについて校訂した(その上で、恣意的に正字表記にした。その辺の経緯は冒頭の注を参照されたい)。

但し、アウトローは、残る――何故なら、ご存知の通り、しづさんは、今以って行方不明であり、著作権上の問題があるからである――以下にそれについての僕の覚悟を示しておく。

【やぶちゃん版「鈴木しづ子句集」の著作権上の問題について】

もし鈴木しづ子の縁者の方に彼女の著作権が委譲されており、その方から引用過剰の正式な差し止め要請がなされた場合は、勿論、本ページは閉じる。但し万一、河出書房新社が私の本ページを引用過剰とし、著作権裁定制度に基づいて問題にするというのであれば、まず私が最初に旧「鈴木しづ子句集」を作るためにネット上で蒐集した(原素材の95%はそれに拠る)鈴木しづ子の句を引用しているHP及びブログ総てに対しても差し止めを請求されることを望む(複数あり、誤植の訂正さえなされていない)。そうしないと私のようなスメルジャコフの末裔は確信犯でいつでも私と同じ犯罪を犯すであろうから――犯すことが極めて容易なことだから――である(実際に旧「鈴木しづ子句集」はかつて数時間にしてでっち上げたものであった)。その上で、私の本ページの公開の差し止めを要請され、更に加えて――既に私に無断で旧「鈴木しづ子句集」をコピー・ペーストしているHPやブログ(実際にある。誤植も一致したままであるから間違いない。但し、私は勿論、私の旧ページ自身が、全く以って「私」のものではなかったのだから不平はお門違いであり、また、誤植は困るものの、それらによって、しづさんの句が多くの人に知られるという点に於いて、喜ばしく思いこそすれ、何らの不快も感じてはいないことを表明しておく)も総て洗い出した上、同時に差し止めるよう、訴えを起こして頂きたい。

――いや、最初の2005年7月17日のブログで述べた通り、私の本懐は――鈴木しづ子さん本人から訴えられることを、心から待ち望んでいるものである――

……しづさん……いい響きですね……僕は今日その「しづさん」の登場する「心」を終えたばかりなんです……

……しづさん……僕は今、あなたに、無性に逢いたいのです……

« 朝日新聞連載 夏目漱石『心 先生の遺書(五十五)~ (百十)――(単行本「こゝろ」「上 先生と私」相当パート) 附♡やぶちゃんの摑み | トップページ | 芥川龍之介 彼 附やぶちゃん注 »