フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« シリエトク日記4 シリエトクの山から下りてきたのはヒグマではなく金髪の美女だった | トップページ | シリエトク日記6 ホエール・ウオッチングであわや拿捕 »

2010/08/11

シリエトク日記5 羅臼の蕎麦屋にて僻地過疎化を痛感せる事

8月2日(月)

羅臼に着く。バスターミナルのそばの蕎麦屋「しずか」で、普段は絶対に食べない海老天そばを頂く(海老は好きだが、天ぷらなるものが蕎麦とはゼッタイ合わないというのが僕の信条なのである)。半端じゃない。海老5尾だ。素敵に美味い。妻(さい)は何を血迷ったか、あつあつのカレー南蛮(!)蕎麦なんぞをすすっておる。地の涯まで来ると地磁気の影響か、好みまで狂うのであろうか?――

――背後の席に地元のおばあちゃんが二人、世間話をしているのが聞えてきた。――

「いえね……釧路に透析に行くのが、大変でねえ……秋には羅臼を出るんよ……」

「あんたもか……しょうがないねえ……みんな羅臼を去って行ってしまう……淋しいねえ……」……

翌日の昼、ウトロに戻るためのバスターミナルで、時間潰しに僕は調べてみたのだった。――

釧路の「市立病院行」は早朝の6:40にここを出る――

釧路市立病院にそのバスが着くのは実に4時間弱後の午前10:30である――

人工透析は最低でも3時間はかかる――

帰りの最終「羅臼行」バスは市立病院前15:45発である――

これに乗り遅れると、もうその日羅臼行きのバスは、ない――

その最終バスが羅臼に着くのは――夜の7:50である――

これが本当に「一日仕事で病院に行かねばならない」というのだ――

透析が必要な人はそれを最低でも週に2~3回は繰り返さねばならないのだ――

因みに羅臼~釧路市立病院前間のバス料金は――

往復割引でも、何と行って帰って来るだけで一日8400円!(透析が必要な方は障害者割引もあるとは思うけれど)――

――やっぱり淋しそうにウミネコが鳴く中、僕は暗澹たる気持ちになってバスターミナルの前に立ち竦んでしまったのだった……

……蕎麦を食い終えて――「繁華街」――としっかり表示された道を海に向かって歩く。――仕舞た屋が多い。――ショウウィンドウに裸のマネキンが埃を被って寝巻きを片脱ぎにしてつっ立っている。店内に人影はない――。院長の名前が一人書いてあるだけで、診療科目のプレートが虚しく抜き取られてやけにそこが白々としている。――診療所の窓が開いている。窓際に点滴の黄色い壜が風に揺れていた。――欠伸をした看護婦さんと目が合った。――聴こえてくるのは、ただウミネコの淋しい、鳴き声だけ……足の悪い妻が一緒だから「繁華街」を抜けるのに15分はたっぷりかかった。その間、「繁華街」を歩いていたのは――僕ら二人きりだった。――

« シリエトク日記4 シリエトクの山から下りてきたのはヒグマではなく金髪の美女だった | トップページ | シリエトク日記6 ホエール・ウオッチングであわや拿捕 »